廃止迫るローカル線、利用者急増で列車大混雑 乗り切れない可能性も JR三江線

中国地方のローカル線で利用者が急増。混雑で列車が遅れ、乗り切れない可能性もあるほどといいます。そのローカル線は、廃止まで半年を切ったJR西日本の三江線。個人、そして団体での利用も増えているそうです。

混雑で40分の遅延も

 中国地方の山間部を走るローカル線で、利用者が急増しているようです。

171110 sankosen 01
「中国太郎」の異名を持つ江の川へ沿うように走る、三江線の列車(画像:photolibrary)。

 島根県の日本海側にある江津駅と、広島県内陸部の三次駅を結ぶ、全長108.1kmのJR西日本・三江線(さんこうせん)。2017年11月10日(金)現在、JR西日本はウェブサイトでこの三江線について、「多くのお客様にご利用いただいており、列車によってはご乗車いただけないこともございます」と掲載しています。いったい何が起きているのでしょうか。JR西日本 米子支社に聞きました。

――三江線の利用者数は、どのような状況なのでしょうか?

 利用者数の具体的な数値は把握していませんが、きょう(11月10日)もお客様混雑のため、20分から40分の遅延が発生しています。

――いつごろから、なぜ増えたのでしょうか?

 紅葉シーズンだからです。三江線の沿線には著名なスポットこそないものの、全体的に紅葉が見られることもあり、毎年この時期にはご利用が増えるようです。さらに、廃止が近づくにつれ個人のお客さまが増えていることに加え、団体のご利用も増えているため、例年以上に混雑しています。

※ ※ ※

 三江線の利用者は、1987(昭和62)年のJR発足当時から約9分の1に減少。2014年度の輸送密度(1日1kmあたりの輸送量)は50人という非常に少ない数字で、2018年3月末をもって廃止されることが決まっています。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171110 sankosen 02
  • Thumbnail 171110 sankosen 01

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. 比較的空いている時に乗り納めておいてよかった。
    こんなんじゃかえって興醒めだ。

  2. 最後となると途端に群がる。。。
    人間の習性なのかな??
    ちょっと異常な気もする。

    当事者の方、大変でしょうが、廃止まであと少し。
    本当にご苦労様です。

  3. 鰻や鮪と同じ、喰えない危機を聞き付けると1局集中、仕事でも観光でも横浜を深夜に出て京都に早朝に着く銀河を利用してたけど、これも末期には軽く撃沈状態、修学旅行の時の寝台さくらの食堂車なんて貸し切り状態だったのに

  4. 廃止直前路線の一時のテーマパーク化。
    毎度の事ながらホントにクソなブームだな。

  5. この時といわんばかりに押しかけるレールファンって迷惑な存在。
    普段から、乗ってやれよ。

  6. ひょっとするとこの方式で赤字ローカル線の収支改善が図れるようになるのでは。
    「来年廃止」を発表→事業体を変えて直前に継承→「来年廃止」を発表→別の事業体に継承・・・
    年中閉店セールの靴屋みたいに。

  7. 一番好きな路線です。まあ時間かかるからそういう意味で厳しかったのかもしれないが、観光路線としては抜群です。まだあるなら、絶対のってほしいです。