国内線の機内Wi-Fiインターネット、ANAも無料化へ 2018年4月から

ANAが、JALに続き国内線「機内Wi-Fiインターネット」の無料化を発表。B777、B787型機へのシートモニター、USB充電ポート、パソコン電源の装着も進められます。

シートモニター、USB、パソコン電源の装着も

 ANA(全日空)は2017年12月20日(水)、国内線の「機内Wi-Fiインターネット」を無料化すると発表しました。実施は2018年4月1日(日)から。現在は40分550円などでの提供です。

Large 171220 ana 01
「機内Wi-Fiインターネット」が無料提供されるANAの国内線(2017年1月、恵 知仁撮影)。

 対象機種はB777、B787、B767、B737-800、A321型機で、その機内入り口に「ANA WiFi Service」のマークが表示されている便の全クラスで使用できます。B737-500、B737-700、A320、DHC8-Q400型機、国際線機材で運航される便は対象外。またあわせて2018年4月1日(日)から、機内Wi-Fiサービスで無料提供しているニュースやスポーツ、ドラマやアニメなどのコンテンツをさらに充実させ、100コンテンツ以上にするそうです。

 ANAによると、国内線のWi-Fiサービス提供機材を引き続き拡大し、2018年度末までに国内最大規模の約100機で使用可能にする予定とのこと。そして国内線の主力機であるB777、B787型機へのシートモニター、USB充電ポート、パソコン電源の装着を2019年度下期以降、順次展開していく計画といいます。

 国内線の無料機内Wi-Fiインターネットは、2017年6月、JAL(日本航空)がそれまで期間限定キャンペーンで行っていたものを、今後、期限なしで無料提供すると発表。ANAはそれに続く形です。

 ANAは「機内でのインターネット環境の充実により、Eメール、SNSを通じてお仕事先やご家族、お友達とのコミュニケーションなど、さまざまなご利用が可能となります」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171220 ana 02
  • Thumbnail 171220 ana 01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. やっと無料化ですか。ANA派としてはうれしいニュースです。

  2. JALに負けないよう