JR夜行高速バス「ドリームルリエ」1日最大2往復運行へ 2018年春に2台目導入

西日本ジェイアールバスとジェイアールバス関東が、大阪~東京間の夜行高速バスにそれぞれ2台目の「ドリームルリエ」を導入。1日最大2往復で運行します。

新たに京都駅に停車

 西日本ジェイアールバスとジェイアールバス関東が2018年春、大阪~東京間の夜行高速バスにそれぞれ2台目の「ドリームルリエ」を導入し、1往復増便の1日最大2往復で運行を始めます。運行開始日やダイヤ、運賃などの詳細は未定です。

「ドリームルリエ」は2017年3月の運行開始以来約7000人以上に利用されている、これまでのドリーム号史上「最上のくつろぎ」をうたう豪華バス。新たに導入する車両の詳細は次のとおりです。

180110 dream 01
「ドリームルリエ」の車両イメージ(画像:西日本ジェイアールバス)。

・2列シート「プレシャスクラス」は4席から6席に増席。

・3列シート「アドバンスクラス」は14席から10席に。ゆりかごのような新型クレイドルシートの採用や、全席1m以上のシートピッチを確保。パーテーションやプライベートカーテンで仕切られた個室感を継承。

・新たに京都駅に停車。

・従来どおり、充電用コンセント、フリーWi-Fi、トイレ、空気清浄機付きエアコン、スリッパ、毛布を標準装備。全席にタブレット端末「iPad mini4」(イヤホン付き)を設置し、インターネットや雑誌・動画などのコンテンツを無料で楽しめる。

・衝突被害軽減ブレーキシステムや衝突防止補助システム(車間距離、車線逸脱警報など)、映像記録型ドライブレコーダーなども搭載。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180110 dream 02
  • Thumbnail 180110 dream 03
  • Thumbnail 180110 dream 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. はかた号のエアロキングが懐かしい、ビデオ放映に展望プレミアムシート、新はかた号の繁忙期の続行が最後でしたかね?いよいよJRのキングも老朽化が進み2階席前方から入る隙間風対策でシールーを塗り替えたりリニューアル車両がポツポツあるようですが、世代交代とは言え偉大な先輩を引き継ぐ平屋バスの運賃値上げもほどほどに?