「青春18きっぷ」2018年も春・夏・冬に発売 特急に乗れる特例区間追加

JR全線の普通列車が乗り放題になる企画乗車券「青春18きっぷ」が2018年も発売。特急の普通車自由席を利用できる特例の線区がひとつ増えます。

5回(人)分で1万1850円

 JRグループは2018年2月8日(木)、普通列車が乗り放題になる企画乗車券「青春18きっぷ」を今年も発売すると発表しました。

Large 180208 seisyun18 01
「青春18きっぷ」は1枚で5回(人)分。使用開始時にスタンプを押してもらう。値段は消費税率改定前のもの。

 値段は5回(人)分で1万1850円。発売期間と利用期間は次のとおりです。

●春季
・発売期間:2月20日(火)~3月31日(土)
・利用期間:3月1日(木)~4月10日(火)
●夏季
・発売期間:7月1日(日)~8月31日(金)
・利用期間:7月20日(金)~9月10日(月)
●冬季
・発売期間:12月1日(土)~12月31日(月)
・利用期間:12月10日(月)~2019年1月10日(木)

「青春18きっぷ」は、JR全線の普通・快速列車(普通車自由席)とBRT(バス高速輸送システム)、JR西日本宮島フェリーが自由に乗り降りできるきっぷです。利用1回につき1日有効。「1人で5日」や「5人で1日」などといった組み合わせで使えます。特例として、次の線区では特急・急行列車の普通車自由席を利用できます。

・石勝線の新夕張~新得間
・奥羽本線の新青森~青森間
・佐世保線の早岐~佐世保間
・日豊本線・日南線・宮崎空港線の宮崎~宮崎空港間

 佐世保線・早岐~佐世保間の特例は、3月17日(土)以降に適用されます。同日からこの区間では、特急列車の普通車自由席が乗車券のみで利用できるようになるため、「青春18きっぷ」の特例もこれに合わせる形です。

テーマ特集「【鉄道】永久保存版! 青春18きっぷ、はじめての使い方から「特例」ルールも。旅に役立つ活用法!」へ

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180208 seisyun18 02
  • Thumbnail 180208 seisyun18 01

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. いまのJR各社、特に本州3社以外を見ていると、果たして『青春18きっぷ』の恩恵はあるのか?と疑問に感じる。
    理想的にはもう廃止してもいいと思うけど、せめて使用者の年齢制限や学生限定とかにすべきじゃないかなあ、と思いますね。

  2. 利用日数や年齢制限かけた方がいいと思うんだけど。

    • JRに直接言ってね。

  3. 青春18きっぷは通学需要が減る春休み・夏休み・冬休み期間の限定で普通快速列車の活用という意義があって続けられている。

    「利用制限かける」とか、利用者の首を自ら絞めるような愚かなことは言わないでほしい。

    JR6社間でどのような利益配分が行われているか分からないが、1枚の売り上げのうち1000~2000円程度を発売したJR会社が直接取り、残りの額をJR間で取り決めた方法で振り分けるような方法を取れば、それなりに販売の継続はできると思う。