「青春18きっぷ」1日分で東京駅からどこまで行ける? 乗車19時間、たどり着く駅は…

1日あたりに換算すると、2370円でJR全線の普通列車が乗り放題の「青春18きっぷ」。もし東京駅からずっと乗り継いだら、2370円でどこまで行けるのでしょうか。所要時間を考えなければ、かなり安いかもしれません。

乗り換え12回 べ物を買うならばどこで?

 JR全線の普通列車(普通車自由席。快速列車を含む)、BRTバス高速輸送システム)、JR西日本宮島フェリーへ自由に乗り降りできる「青春18きっぷ」。1人で使用する場合は5日間それが可能で、価格は1万1850円です。春、夏、冬の特定期間に発売され、1日あたりに換算すると2370円でJR全線の普通列車などへ自由に乗ることができます(5人で1日だけ使うなども可)。

「青春18きっぷ」は1枚で5日(人)分。使用開始時に日付を入れてもらう。画像のきっぷは消費税率改定前のもの。

 この「青春18きっぷ」を使うと、1日で、つまり2370円で、東京からどこまで行けるのでしょうか。実は、九州まで到達することが可能です。

東京4時55分発→品川5時04分着/5時10分発→小田原6時21分着/6時22分発→熱海6時45分着/6時49分発→浜松9時19分着/9時23分発→豊橋9時56分着/10時03分発→(快速)→大垣11時31分着/11時42分発→米原12時17分着/12時20分発→(新快速)→姫路14時47分着/15時03分発→相生15時22分着/15時25分発→糸崎18時04分着/18時29分発→徳山21時57分着/21時59分発→下関23時50分着/23時51分発→小倉0時04分着

 12回の列車乗り継ぎと、およそ19時間を要すものの、換算2370円で東京駅から福岡県北九州市の小倉駅まで到達できます。また小倉駅到着時、翌日になっていますが、「青春18きっぷ」の「1日分」は乗車した列車が0時を過ぎて最初に停車する駅まで有効なため(東京・大阪の電車特定区間は終電車まで)、この行程の場合は同駅まで「1日分」で到達が可能。なおダイヤは2017年3月10日現在における平日のもので、特記以外は普通列車です。

 この行程で5分以上の乗り換え時間があるのは、品川駅と豊橋駅(愛知県豊橋市)、大垣駅(岐阜県大垣市)、姫路駅(兵庫県姫路市)、糸崎駅(広島県三原市)。昼食は大垣駅(乗り換え時間11分)の駅ナカコンビニでも入手できますが、同駅に駅弁はないため、それを楽しみたい場合はひとつ前の豊橋駅(7分)で買うとよいでしょう。夕食は、糸崎駅(25分)で付近のコンビニが利用できます。

 ちなみに新幹線ならば、東京駅6時00分発の「のぞみ1号」に乗ると、小倉駅へ10時37分に到着。料金は2万2310円(通常期の普通車指定席)です。

【了】

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. 18きっぷのビギナーさん達が、1回分で東京から九州を目指すんだぁ!!と息巻くのを時折見るけど、東京発なら先ずは大阪、大阪発なら東京あたりで、まずは“ウォーミングアップ”をした方がいいだろう。

    心意気やよし、見上げたものだが、東京から旅立って早ければ大井川を越える辺り、忍耐強い人でも岡山県に入るあたりで音を上げるのではなかろうか。
    それに東京から18きっぷで九州行きとなると、一度乗り換えをしくじると即アウトというケースもある。失敗が許されないのだ。

    その点、東京~大阪なら距離もそこそこだし、列車の本数も多いから多少乗り換えにしくじっても辿り着ける。
    1日かけて良いなら途中下車して観光ということも出来る。比較的楽な“洗礼”ではなかろうか。

    折角18きっぷの世界に飛び込んできてくれたのだから、18きっぷの旅の醍醐味を見つけて味わってほしいのだ。

  2. 懐かしいな
    10年ぐらい前は品川あたりから ムーンライトながら乗って20時ぐらいに九州の桜島付近までいけましたね
    今の時刻表しらへんけど。

  3. 18きっぷはもはや行くことよりプランニングたてる方が楽しかったりする。実際に行くとただの苦行かも。
    さて、超難しいプランニングを。中部地方以外からレゴランドへ18きっぷ使って得な例を考えてみる。単純そうだが真の18きっぷ愛好家ならば腕の見せ所だろう。
    何故、超難しいがわかるはず。

  4. じゃあ、ほかの方向はどこまで行けるの?

  5. 博多から青森県まで昔18切符で移動したなぁ
    昔はまだ博多ー京都までの臨時快速(ムーンライト九州)があったので本州へ渡るのも楽だった
    スマホだのまだなかった頃時間潰すのが苦痛だったイメージが
    ミカンもらったり楽しい旅でした

  6. 駅弁を楽しむは流石に厳しい……
    そんな勇気ないよ