日本貨物航空とシンガポール航空カーゴ、コードシェア便運航へ 戦略的パートナシップ締結

日本貨物航空とシンガポール航空カーゴが、戦略的パートナシップの構築に向けた覚書を締結。日本とシンガポールを結ぶ路線でコードシェアを開始します。

成田~関西~シンガポール間などでコードシェア便運航

 日本貨物航空(NCA)とシンガポール航空カーゴ(SIAカーゴ)は2018年2月13日(火)、戦略的パートナシップの構築に向けた覚書を締結したと発表しました。

180214 ncasiacargo 01
日本貨物航空のボーイング747-400F型機(恵 知仁撮影)。

 この戦略的パートナシップは、両社が5年をかけて段階的に拡大してきた既存のブロックスペース契約に基づいて今後、構築されていきます。その第1段階として、当局による承認を前提として、2018年4月から日本とシンガポールを結ぶ路線でコードシェアを開始。NCAは、月~金曜は成田~関西~シンガポール間で、土曜は成田~シンガポール間で、コードシェア便を運航する計画です。

 NCAの坂本深代表取締役社長は「当社にとってシンガポールはアジアにおける主要拠点の一つ」とし、「SIAカーゴとの提携関係強化に踏み出せることを、大変喜ばしく感じています」とコメント。SIAカーゴのチン・ヤウ・セン社長は「今回の東京とシンガポール間を結ぶコードシェア便の運航は、両社の戦略的パートナーシップを発展させていくうえで重要な第一歩」としています。

 NCAは国内唯一の貨物専業航空会社として設立され、2010(平成22)年に日本郵船の完全子会社に。現在は、ボーイング747-400型機と747-8型機の貨物専用機を保有し、成田空港を拠点に、アジア、アメリカ、ヨーロッパの世界主要15都市に展開しています。

 シンガポール航空の100%子会社であるSIAカーゴは、まもなくシンガポール航空の一部門になる予定です。ボーイング747-400F型機で貨物専用便を運航するほか、シンガポール航空、スクート、シルクエアー、ノックスクートが運航する旅客便の管理、販売も行っています。国際航空運送協会(IATA)による国際貨物トンキロベースの貨物会社ランキングでは、世界で9位にランクイン(2017年実績)。また、CargoiQのサービス信頼性指標をベースとした貨物会社ランキングでは、1位を獲得しています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180214 ncasiacargo 02
  • Thumbnail 180214 ncasiacargo 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. NCAって関空便は現状成田~関空~シンガポールしか飛んでないので、今は就航してないSIAカーゴに成田~関空~シンガポール移管してかつコードそっちに付けて関空撤退って話じゃないですよね?ね?て疑心暗鬼になる大阪民。