JALがモンベルと包括協定締結、環境教育などを強化 地域活性化にさらなる意気込み

JALが、アウトドアメーカーのモンベルと地域活性化における包括協定の締結を発表しました。JALは今後、環境教育などを通した地域活性化への貢献、モンベルとの共同商品の開発などに取り組みます。

第1弾商品は「2018年夏過ぎ」を検討

 JAL(日本航空)が2018年2月15日(木)、アウトドアメーカーのモンベルと地域活性化における包括協定の締結を発表しました。

Large 180215 montbell 01
左から2番目よりJALの藤田直志 代表取締役副社長、モンベルの辰野 勇 代表取締役会長(2018年2月15日、乗りものニュース編集部撮影)。

 モンベルはこれまで日本各地の自治体と連携し、環境スポーツイベント「SEA TO SUMMIT(シー・トゥー・サミット)」の開催や、トレッキングやカヤック、自転車で自然の観光ルートを巡る旅「ジャパンエコトラック」の協賛を行ってきました。

 今回の締結を機に、JALは「SEA TO SUMMIT」へのサポートや環境教育への注力を通して地域活性化に貢献するほか、モンベルと共同商品の開発などに取り組む構えです。

 モンベルが包括協定先に一般企業を選ぶのはJALが初。2018年夏過ぎをめどに第1弾となるツアー商品を発売予定で、「将来的にはイベントを一緒に開催したり、モンベルの商品を機内販売したりできれば」(JAL 藤田直志 代表取締役副社長)といいます。また、モンベルが抱えるアウトドアスポーツ愛好者の会員組織「モンベルクラブ」(総数81万人)の会員と、JALマイレージバンク会員の交流も検討しているとのこと。

 モンベルが掲げる7つのミッション、「自然環境への意識の向上」「野外活動を通じて生きる力を育む」「健康寿命の増進」「エコツーリズムによる地域経済活性」「防災、発生時の対応力」「農林水、一次産業の活性」「バリアフリー」を柱に今後、両社はさらなる連携を深めていきます。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180215 montbell 03
  • Thumbnail 180215 montbell 01
  • Thumbnail 180215 montbell 02

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. クラウン❗ゼロクラウン❗のCM懐かしいですね❗わたしは、クラウンだったら、ロイヤルサルーンが好きですね☀