東海道新幹線の新型「N700S」シンボルマーク決定 色と形で「Supreme」を表現 JR東海

JR東海が、東海道新幹線の新型車両「N700S」のシンボルマークを発表。「Supreme」のイメージを色と形で表現しています。

マークは奇数号車に配置

 JR東海は2018年3月7日(水)、東海道新幹線の新型車両「N700S」のシンボルマークが決定したと発表しました。

Large 180307 jrcn700smark 01
東海道新幹線の新型車両「N700S」のシンボルマーク(画像:JR東海)。

 N700Sの「S」は、JR東海によると700系シリーズのなかで最高の新幹線車両を意味する「Supreme(最高の)」を意味しているといいます。

 シンボルマークは、この「Supreme」の高級感、上質感を白地に金色の配色で表現。「S」の字は、先頭車の形状を彷彿とさせる優雅で伸びやかな曲線と、「Supreme」の一体感を感じさせる勢いのある曲線とされています。また、「S」を中心に文字をバランス良く配置することで、鉄道としての安心感、安定感を表現しています。

 このマークは、奇数号車に2か所(両側)ずつ、1編成(16両)あたり計16か所に配置されます。

 N700Sはグリーン車と普通車の全座席に電源コンセントを用意。ブレーキ性能や省エネ性の向上、機器の小型軽量化、「デュアルスプリームウイング形」の先頭形状採用による騒音の低減などを実現するほか、編成を路線に応じて柔軟に組むことが可能で、国内外さまざまな場所で使える「標準車両」であることが特徴です。

 編成記号は「J」編成とされます。2018年3月20日(火)から東海道新幹線内で試験車の試運転を開始し、2020年度に営業運転を開始する予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180307 jrcn700smark 02  1
  • Thumbnail 180307 jrcn700smark 01

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 最高?の機械と
    最低!のサービス

    スーツケース置き場がない高速鉄道とか
    日本だけ

    ただの金だけ

    おもて無し 鉄道

    • 旅慣れた人は荷物が小さい
      っていう信仰が日本人に有るからだろうか    なんてね、、

    • だったらお前が設置費用出してやれよ。

      金も出さずに文句を言うな。