ゆりかもめの新車は前がより見やすく! 新型車両7500系、2018年秋にデビュー

ゆりかもめに、前面の眺望をさらに良くしたという新型車両が登場します。2020年6月までに、計8編成が導入される予定です。

外部から自動運転と手動運転の識別も可能に!

 ゆりかもめは2018年3月29日(木)、新型車両7500系を、2018年度から2020年度にかけ導入すると発表しました。

Large 180329 yurikamome 01
新型車両7500系のイメージ図(画像:ゆりかもめ)。

 現在の7300系電車で採用されているオールロングシート、バリアフリー設備、クーラー構造などを受け継ぎつつ、より利便性、快適性を向上させるといいます。主な特徴は以下の通りです。

・全てのドア上部に案内表示および広告画面(2画面)を設置。
・送風機を新設(2台/両)し、特に混雑しやすいドア付近の車内空調を改善。
・ドア付近の握り棒の形状を変更し、足が不自由な乗客が少しでも立ち上がりやすいように考慮。吊手も増設。
・車椅子スペースの手すりを二段化し、車椅子の乗客の使い勝手が良くなるよう配慮。またより分かりやすいよう、車椅子スペースを床面に掲示。
・前面窓の映り込みを低減し、前方の眺望を向上。
・自動運転灯を新設し、自動運転、手動運転の識別が外からできるように。

 ゆりかもめの新型車両7500系は、2018年秋に最初の編成がデビューし、2020年6月までに計8編成が営業運転を開始する予定です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント