京浜東北線が山手線を走行

水色の帯を巻いた京浜東北線の車両が、山手線を走りました。線路の工事でたまにそうなることはありますが、特に工事がなかったにも関わらず、です。何があったのでしょうか。

緑の山手線に突然、水色の車両

 東京を南北に貫き、埼玉県の大宮駅と神奈川県の横浜駅を結ぶ京浜東北線(横浜~大船間は根岸線)。そして、東京の中心部をぐるっと回る山手線。この両線は東京都内の田端~品川間ですぐ隣を並走しており、しばしば水色の帯を巻いた京浜東北線の車両と黄緑色の帯を巻いた山手線の車両が、競争をするように走っていたりします。

 しかし併走ではなく、京浜東北線の車両が山手線の線路を走ることがあるのをご存知でしょうか。きのう2014年9月17日(水)、実際にそれがありました。

20140918 yamanote
東京駅の山手線ホームに入ってきた京浜東北線の車両。2014年9月17日撮影。

 一時的に京浜東北線の列車も山手線の線路を走るようにして、そのあいだに、空いた京浜東北線の線路を工事するという出来事は、これまで幾度かありました。しかしきのう、9月17日にそうした工事は行われていません。

 実は京浜東北線の車両は、検査を受けるために山手線の線路を走ることがあるのです。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 横浜線の車両も以前蒲田に所属していた頃は、蒲田~田町~大崎のルートで山手線を走行していました。現在は、大船にある鎌倉車両センターに所属しているため、大船~品川~新宿~大崎のルートで横須賀線と山手貨物線を走行します。

  2. 京浜東北線の快速運転が始まる前は、平日の日中は田端~田町駅間で京浜東北線と山手線のどちらかの線路を使って京浜東北線と山手線の電車が交互に運転されていました。

  3. その昔、今ほど日中の運転本数が多くない頃は、月ごとに、山手線、京浜東北線と、交互に運転してましたね。

  4. CAOさんとせさんが書かれているように、私の子供の頃は日中は共有区間(西日暮里〜田町間)を月ごとにそれぞれの線路を利用して運行していました。
    競争の瞬間を楽しみにしていた自分にとってはつまらないものでした。