スカイマーク初、自社養成パイロット4人誕生 副操縦士として任用

スカイマークで初めて、自社養成パイロットが4人誕生しました。同社ではゼロから自社でパイロットを養成する制度を2014年度から開始していました。

2014年度からパイロット自社養成制度をスタート

 スカイマークは2018年4月4日(水)、初の自社養成パイロット4人が誕生したと発表しました。

Large 180404 skypilot 01
スカイマークは全路線でボーイング737-800型機を使用している(画像:スカイマーク)。

 同社は従来、航空会社のパイロットに必要なライセンスを保有した人を採用し、養成を行ってきました。しかし、パイロット不足が拡大し、そのなかで今後の航空需要の拡大に対応していくため、新規参入の航空会社では初めて、自社でゼロからパイロットを養成する制度を2014年度から開始していました。

 4人はスカイマークに入社後、地上研修を経て国内外で訓練を積み、2017年末に国土交通省航空局の試験に合格。その後さらに路線訓練や社内審査を経て、今回、副操縦士として任用されました。

 今回の4人以外も訓練を行っており、今後もスカイマークでは、自社養成による副操縦士が誕生する見込みです。また、2019年度入社の自社養成第5期生や、ライセンス保有者も募集しており、今後もパイロット養成を続けていくとしています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 地上研修を含めると訓練開始から4年後のコー・パイロット到達、結構大変な難関ですね。機長を目指すにはあと何年・・・

  2. 2030年問題・・・か?