ボンバルディアのビジネスジェット「グローバル 7000」の航続距離が延長

最初の納入に向けて作業の進む、ボンバルディアの主力ビジネスジェット「グローバル 7000」。その航続距離が当初の計画よりも延長し、新たなビジネストラベルの可能性を広げるとしています。

より多くの組み合わせの都市間を結ぶことが可能に

 ボンバルディア(本社:カナダ・モントリオール)が4月17日(火)、ビジネスジェット「グローバル 7000」の航続距離が7700海里までに延長したと発表しました。

Large 180417 global 01
ビジネスジェット「グローバル 7000」(画像:ボンバルディア)。

 グローバル 7000は、シドニー、ドバイ、ハワイなど世界各地で複数回の長距離飛行を終えて、7700海里という航続距離を達成しました。これは、過去に製造されたビジネスジェットのなかで最長。当初の計画より300海里飛行距離を伸ばし、他のビジネス航空機より多くの組み合わせの都市間を結べるなど、ビジネストラベルの新たな可能性を開くものとしています。

 同機は試験期間に入ってわずか5カ月でマッハ0.995という最高速度も達成しました。1800時間以上の飛行試験を完了し、現在は2018年下半期の最初の納入に向け、航空機認証の最終段階です。

 ボンバルディア・ビジネス・エアクラフトのデビッド・コリール社長は、次のように述べています。

「当社をご愛顧いただいているお客様に対し、航続距離が延長したジェット機を提供できることを大変うれしく思っています。こうしたお客様は当社が工学技術上の快挙を達成する原動力であり、まもなく他に並ぶもののない航空機を所有していただけます。現時点で、今年、グローバル 7000の納入を開始するという約束を果たす準備が整っているだけでなく、これまでの期待を上回ろうとしています」

 グローバル 7000は、2018年下半期にサービスを開始する予定です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 機内食は当然でるよね。亜音速機の7700海里といったら12時間以上の道のりだ。