女子がグッとくる駐車のバックの仕草、消滅の危機へ すべてはバックモニターの功罪!

駐車の際などクルマをバックさせるとき、どのような姿勢をとるでしょうか。女子目線でグッとくるアレなどありましたが、実はそうしたものがなくなりつつあるのではと危惧されています。すなわち、バックモニターの存在です。

クルマの扱いは女性の扱い、と、まことしやかに語られたものです

 その昔、「グッとくる仕草」の代名詞だったのに、いまではすっかり見られなくなったものがあります。それは「男性がクルマの運転中にバックする時、助手席に腕を回す」という、例のヤツです。

Large 180426 back 01
クルマをバックさせる際の、「(4)助手席に腕を回して半身をよじる」の1例。バックモニター搭載車ゆえ、あまり意味はない(2018年4月27日、恵 知仁撮影)。

 これまで、駐車する際にクルマをバックさせながら後方を確認する時には「(1)窓を開けて頭を出す」「(2)ミラー越しに覗く」「(3)ドアを開けて後方や地面の白線を確認する」「(4)助手席に腕を回して半身をよじる」という、大きくわけておもにこの4つの方法がありました。なお、番外編で「ガルウイングをあけてサイドシル(ドア下の敷居のこと)に腰掛ける」という方法もありますが、それは車種が限られるので割愛します。あと、「リアスコープを覗く」というのもありますね。

 当然ですが、女子が好きだったのは、断然(4)です。もちろん、(1)の「教習所で習ったとおり」感満載のまじめさにも惹かれますし(踏み切りでいちいち窓を開けるとかも好き)、(2)のいつもと違う上目遣いの表情を盗み見る楽しさもありました(できればメガネ着用が好み)。(3)のちょっと通っぽい仕草も、「リアガラスがふさがれる位の馬鹿でかいスポイラー」みたいな事情も含めて胸が躍ったものです。でも、(4)の助手席に腕を回す仕草、これに勝るものはありませんでした。カウンタック・リバースを除いて(個人の見解です)。

 いきなりグッと縮まる距離感。間近で見る筋肉質な腕。まるで肩を抱かれているかのような錯覚に陥り、シートを通してその体温まで感じられるのではないかと(そんなわけないのですが)、ドキドキしたものでした。これ、普段はそういうことしそうにない人がやると、さらに効果的だったんですよね。「あれ? 急に男らしい」みたいな。

 ところが、近年、ここに5番目の方法が加わったのです。それが、「バックモニター」です。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180426 back 04
  • Thumbnail 180426 back 01
  • Thumbnail 180426 back 02
  • Thumbnail 180426 back 03

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. セクハラっぽくね?

  2. らしくない記事。くどいしつまらない。

  3. 意味のない記事

  4. 未だもって解らんのが、バックするときにシートに手を添えるやつ。
    つまりこの記事の(4)
    モニターが無かった時代から、自分の車ならバックミラーだけで十分。

  5. 助手席に手をかけるパターンは、後方視界の良くない車しか乗ってなかったし、体が硬いのできつくて、やらず仕舞い。