チャンギに響く和楽器 JAL、東京~シンガポール線が60周年 最初はDC-6Bで片道18時間半(写真23枚)

東京~シンガポール線の開設から60周年を記念し、JALがシンガポール・チャンギ国際空港でセレモニーを開催。歴代制服を着用したシンガポール基地のCAたち、和楽器の演奏や獅子舞が乗客を歓迎しました。

片道18時間半、香港とバンコク経由でスタート

 東京~シンガポール線の就航60周年を迎えたJAL(日本航空)が2018年5月8日(火)、シンガポール・チャンギ国際空港で、21時50分(以下全て現地時間)発の羽田空港行きJL036便の出発にあわせ、記念セレモニーを開催しました。

Large 180509 jal 01
シンガポール・チャンギ国際空港で開催された就航60周年セレモニー(2018年5月8日、恵 知仁撮影)。

 JALは東京~シンガポール線を開設した初めての航空会社で、1958(昭和33)年5月8日、レシプロエンジンを用いるダグラスDC-6B型機により週3往復で同線の運航を開始。香港、バンコク経由で、片道およそ18時間半を要していました。なお現在、JALは羽田発着1日2便、成田発着1日1便で、東京~シンガポール線を運航(すべて直行便)。ボーイング777-200型機が用いられ、所要時間は片道およそ7時間です。

 20時45分すぎ、チャンギ国際空港のD42ゲート付近で、鳴り響く和楽器による演奏が搭乗を待つ羽田行きJL036便の利用者、そして広く空港利用者から注目を集めるなか、セレモニーが始まりました。

Large 180509 jal 02 Large 180509 jal 03 Large  r4a7930
挨拶するJALの大川順子取締役副会長。
JL036便の中村敬市機長。
歴代の制服を着用して登場したJALシンガポール基地のCA。

 セレモニーでは主催者を代表し、JALの取締役副会長である大川順子さんが、「シンガポール線は1958年5月8日、DC-6B型機という50人乗りの飛行機で運航を始め、以来、日本とシンガポールの架け橋になるべく、今日まで運航を続けてまいりました。次の目標は、また次の60年でございます」と挨拶。

 そしてこの日、羽田行きJL036便の機長を務める中村敬市さんは「シンガポール線は27年前、ボーイング747-400型機の副操縦士として初めて乗務しました。以来、シンガポールはもっとも好きな目的地のひとつです」とウエルカムスピーチをしています。

この記事の画像をもっと見る(22枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail  r4a7819
  • Thumbnail  r4a7822
  • Thumbnail  r4a7832
  • Thumbnail  r4a7844
  • Thumbnail  r4a7847
  • Thumbnail  r4a7850
  • Thumbnail  r4a7870
  • Thumbnail  r4a7877
  • Thumbnail  r4a7888
  • Thumbnail  r4a7891
  • Thumbnail  r4a7892
  • Thumbnail  r4a7932
  • Thumbnail  r4a7945
  • Thumbnail 180509 jal 01
  • Thumbnail 180509 jal 02
  • Thumbnail 180509 jal 03
  • Thumbnail  r4a7930
  • Thumbnail 180509 jal 05
  • Thumbnail 180509 jal 06
  • Thumbnail 180509 jal 07
  • Thumbnail 180509 jal 08
  • Thumbnail 180509 jal 09

関連記事

最新記事

コメント