ANAのパイロット&CAが患者にスズラン 「再び幸せが訪れる」が花言葉(写真21枚)

ANAが全国の赤十字病院と関連施設に、スズランの花と手書きメッセージ入りのしおりを贈呈。パイロットとCAから、入院患者へ手渡されました。スズランの花言葉は「再び幸せが訪れる」です。

昭和31年から続く伝統的な活動

 ANA(全日空)グループが2018年5月31日(木)、全国各地52か所の赤十字病院と関連施設に、北海道で咲いたスズランの花と手書きメッセージ入りのしおりを贈りました。

Large 180531 ana 01
中央は日本赤十字社のマスコット「ハートラちゃん」(2018年5月31日、恵 知仁撮影)。

 1956(昭和31)年から続けられている、今年で63回目の活動。「再び幸せが訪れる」という花言葉をもつスズランを、ANAグループのネットワークを生かし全国の患者へ届ける、というもので、ANAグループの伝統的な社会貢献活動といいます。

 しおりは、スズランの香りがつけられた手作りで、それぞれ「笑顔の花がたくさん咲きますように」「北海道からすずらんの香りをおとどけしました」といった、ANAグループ社員による手書きのメッセージ入りです。

Large 180531 ana 02 Large 180531 ana 03 Large 180531 ana 04
デザインもANAグループ社員によるしおり。
生後5日の赤ちゃんとママにしおりをプレゼント。
札幌に住んでいた経験から懐かしむ患者も。

 この日、日本赤十字社医療センター(東京都渋谷区)にて、ANAのパイロットやCAも出席し、贈呈式が行われました。

「病んでいる方たちが勇気をもらい、元気になる取り組みで、このような活動が続いていくことはありがたいです」(日本赤十字社 医療事業推進本部長 富田博樹さん)

 また、贈られた同病院の入院患者は「気持ちをリフレッシュできる」「病気が治ったような気持ち」と話していました。

 ANAは今回、全国にスズランの鉢植えを328鉢、しおりを1万8070枚贈呈する予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(21枚)

Writer: 恵 知仁(乗りものライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント