鉄道博物館の新館、7月5日オープン 運転・車掌シミュレータ新設、新幹線の展示車両追加

鉄道博物館全館リニューアルの集大成として、新館がオープンします。新幹線の展示車両が加わるほか、運転シミュレータも新設されます。

本館は50人収容の「てっぱくシアター」を新設

 JR東日本と鉄道博物館(さいたま市)は2018年6月5日(火)、全館リニューアルの集大成として、7月5日(木)に新館をオープンすると発表しました。

Large 180605 teppakushinkan 01

拡大画像

新館1階に展示される新幹線E5系電車の先頭グランクラス車両(モックアップ)と、山形新幹線400系電車(画像:鉄道博物館)。

 新館は地上4階建て、延床面積約6000平方メートルの建物に、次の3つの展示室(ステーション)を新設。「仕事ステーション」は現在の鉄道をテーマに、指令業務や列車運転の体験などができます。列車の運転体験ができる新幹線の「E5シミュレータ」、在来線の「E233シミュレータ」、車掌の仕事を体験できる「車掌シミュレータ」を設置。「E5」と「車掌」は1回500円で体験ができます。

 また、新館1階には新幹線E5系電車の先頭グランクラス車両(モックアップ)と、山形新幹線400系電車の実物が展示されます。

「歴史ステーション」は、約140年にわたる日本の鉄道史を大きく6つの時代に分けて、技術の進化や当時の社会の様子などを時代ごとに紹介。「未来ステーション」はこれからの鉄道の姿をみんなで考える展示といいます。

Large 180605 teppakushinkan 02 Large 180605 teppakushinkan 03 Large 180605 teppakushinkan 04
新館の外観イメージ(画像:鉄道博物館)。
指令業務体験のイメージ(画像:鉄道博物館)。
180605_teppakushinkan_04.jpg 新設の「E5シミュレータ」(画像:鉄道博物館)。

 4階には、隣接する新幹線を眺めながら食事できる「ビューレストラン」が開店。屋上は展望スペース「トレインテラス」が設けられます。

 既存の本館も、50人収容可能な「てっぱくシアター」を2階に新設。全館ではフロアガイドなどを多言語に対応させ、館内案内を充実させます。

 なお、新館のオープンにあわせて入館料を改定。7月5日(木)以降、個人料金は、一般が300円増の1300円、小中高生が100円増の600円、幼児が100円増の300円にそれぞれ変更されます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(7枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180605 teppakushinkan 05
  • Thumbnail 180605 teppakushinkan 06
  • Thumbnail 180605 teppakushinkan 07
  • Thumbnail 180605 teppakushinkan 01
  • Thumbnail 180605 teppakushinkan 02
  • Thumbnail 180605 teppakushinkan 03
  • Thumbnail 180605 teppakushinkan 04

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 都会ばかり盛り上がっている。
    田舎は所見除け者扱い。
    高齢者が多い田舎にこそ交通便利を考慮して欲しい。