日産「インフィニティQ45」(初代) いまに続く高級車ブランドの「最初の顔」とは?

言うなれば「『アオレンジャー』の刺さり方」

 ロングホイールベースの伸びやかなラインが魅力で、特にサイドから見た美しさに上品な高級感がありました。新開発のV型8気筒4500ccツインカムエンジンを採用し、最高出力280ps/6000rpm、最大トルク40.8kgm/4000rpm。当時、「スカイライン」や「フェアレディZ」で高い評価を得ていた4輪マルチリンクサスペンションだけでなく、さらにオプションで、市販車としては当時世界初となった油圧式のアクティブ・サスペンションも採用し、走行性能と居住性を両立していました。

Large 180616 q45 05

拡大画像

日産「インフィニティQ45」のエンジンルーム。4.5リッターのV型8気筒DOHCエンジン「VH45DE」を搭載(画像:日産)。

 ボディカラーも、文字通り出色で、カーボングラファイト(炭素)により光の加減や見る位置によって表情を変える「トワイライトブルー」(筆者〈下高井戸ユキ:ライター〉は断然こっち派)と「トワイライトブラウン」がありました。

 なによりぐっときたのが、グリルレスのフロントマスクです。その頃の高級車は、口がガバーッとあいたフロントグリル=高級感溢れる、という図式が成り立っていましたが、「インフィニティQ45」の上品な顔立ちは、浮かれたバブル時代において、一歩引きながらある種の華を感じさせる出来栄えだったと感じています。アカレンジャーよりアオレンジャー派、という刺さり方。分かりにくいですね、すみません。

Large 180616 q45 02 Large 180616 q45 03 Large 180616 q45 04

拡大画像

拡大画像

拡大画像

日産「インフィニティQ45」のエクステリア。フロントを飾るエンブレムは七宝焼き(画像:日産)。

 そして、フロントエンブレムの「七宝焼き」。高級車と言えば七宝焼きのエンブレムというのはトヨタ「2000GT」の時代から変わらぬワクワクポイントですが、シュッとしたフロントマスクに七宝焼きのエンブレムというのは、本当によく映えました。

テーマ特集「【自動車】シルビア、プレリュード、セラ… 今も色褪せない旧車の魅力とは」へ

日産 インフィニティQ45の中古車情報

U00027261197 001l

排気量
4500cc
価格帯
44.7万円~219.0万円

中古車情報を見る

日産 スカイラインの中古車情報

U00027434706 001l

排気量
1480cc~3700cc
価格帯
5.8万円~1274.0万円

中古車情報を見る

日産 フーガの中古車情報

U00027435651 001l

排気量
2490cc~4500cc
価格帯
4.9万円~435.0万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(8枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180616 q45 07
  • Thumbnail 180616 q45 08
  • Thumbnail 180616 q45 01
  • Thumbnail 180616 q45 05
  • Thumbnail 180616 q45 02
  • Thumbnail 180616 q45 03
  • Thumbnail 180616 q45 04
  • Thumbnail 180616 q45 06

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 2代目シーマに搭載されたVH41DEもなかなかのもので、実際に同クラスのトヨタの1UZより粗削りではあるものの排気量なりの仕事をするエンジンで、トヨタのセッティングのような最初の発進時のトルクの出方も唐突ではなく、オーナーであるドライバーに忠実に問いかけ準備に怠りの無いセッティングとでも申しましょうか?良い意味で自由な縛りの無い開発と言うか?
    実は販売不振な車種にこそヒントがあるのかもしれないですね。