JALが香川県特産品のイチゴを使ったソフトクリームを開発 期間限定で発売

JALが香川県の特産品であるイチゴ「さぬきひめ」を使用したソフトクリームの発売を発表。「地域の元気」を創る「JAL 新・JAPAN PROJECT」の活動の一環としています。

東京~高松線就航55周年を記念して開発、販売期間は約1カ月

 JAL(日本航空)は2018年6月26日(火)、東京~高松線就航55周年を記念し、「さぬき讃フルーツ」のイチゴ「さぬきひめ」100%のピューレを使用したソフトクリームの開発と発売を発表しました。

Large 180626 jalkagawa 01
「さぬきひめプレミアムソフトクリーム」(画像:JAL)。

 JALは地域と一緒に「地域の元気」を創る「JAL 新・JAPAN PROJECT」の活動を行っており、その一環として、香川県およびJA香川県と連携し、「さぬき讃フルーツ」のブランド化に取り組んでいます。

「さぬき讃フルーツ」とは、香川県が認定した生産者が作る、県のオリジナル品種を中心に一定の品質基準を満たした果物です。2018年6月現在、8品目15品種が指定されており、イチゴの「さぬきひめ」はそのひとつ。果実は大きめでジューシー、香りも豊富とのことです。

 今回、JALが開発したソフトクリームの名前は「さぬきひめプレミアムソフトクリーム」。「さぬきひめ」の上品な味わいとソフトクリームの甘みが調和した、さわやかな味に仕上がっているといいます。価格は648円(税込)。販売場所と販売開始日は以下となります。

・高松空港2F 「sky J(ゲート店)」 7月1日(日)より販売
・皇居外苑楠公像前売店 7月2日(月)より販売
・羽田空港第1ターミナル BLUE SKY(15番ゲートショップ) 7月13日(金)より販売
 
 なお、販売期間は約1カ月を予定しており、食材がなくなり次第終了とのことです。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180626 jalkagawa 02
  • Thumbnail 180626 jalkagawa 03
  • Thumbnail 180626 jalkagawa 01

関連記事

最新記事

コメント