国道357号、横浜の八景島から先の区間を着工 夏島までの2.3kmを整備へ

国道357号(東京湾岸道路)で長く未整備が続いていた八景島~夏島間が着工されます。

並行する国道16号は渋滞

 国土交通省関東地方整備局は2018年6月27日(水)、国道357号(東京湾岸道路)の未整備区間である八景島~夏島間約2.3kmについて、工事に着手すると発表しました。

Large 180627 r357hakkeijima 01
国道357号の八景島から夏島にかけての区間が着工へ。その先の米軍横須賀基地に至る区間は調査中(画像:国土交通省関東地方整備局)。

 国道357号は千葉市から東京都内の湾岸部を経由し、神奈川県横須賀市に至る長さ約80kmの道路です。現在の終点部にあたる横浜市金沢区内では、1988(昭和63)年に都市計画決定がなされ、1993(平成5)年度に八景島まで開通しましたが、以降は整備が止まっています。

 八景島から夏島(横須賀市)にかけての地域は、南北を結ぶ国道16号が唯一の幹線道路であることから、渋滞が慢性的に発生しています。関東地方整備局は、早期開通に向けて今回、夏島交差点付近の工事に着手。道路が完成した際は交通が国道357号に転換し、地域経済の活性化や災害に強いまちづくりの実現に寄与するとしています。

 なお、7月22日(日)には、横須賀市リサイクルプラザで着工式が行われる予定です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント