第3の東名? 「厚木秦野道路」その整備効果とは 東名と新東名に並行

「第二東名」とも呼ばれた新東名高速の神奈川県区間の建設が進むなか、その新東名高速と東名高速に並行する形でもう1本、自動車専用道路の整備計画が進行しています。この「厚木秦野道路」、どのような効果をもたらすのでしょうか。

通行無料 暫定2車線で整備

 神奈川県内では2018年3月現在、東名高速(東名)に並行する新東名高速(新東名)の建設が進められていますが、これらに並行しもう1本、自動車専用道路の建設計画が進められています。

Large 180301 atsugihadano 01
厚木秦野道路の概要。圏央道、新東名、東名を相互に連絡する(画像:国土交通省横浜国道事務所)。

 道路名は「厚木秦野道路」。圏央道の圏央厚木ICから南西へ延び、伊勢原北ICで新東名と、秦野中井ICで東名と連絡、そこからさらに北西へ延び、秦野西ICで再び新東名に連絡するというルートです。なお、秦野中井ICを除く未開通区間のIC名などはすべて仮称です。

 どのような道路なのか、事業を推進する国土交通省横浜国道事務所に聞きました。

――厚木秦野道路はどのような道路なのでしょうか?

 国道246号のバイパスとなる全長29.1kmの自動車専用道路です。現在の国道246号は容量不足により、おもに厚木市内の相模川などをまたぐ箇所や、伊勢原市街地などで慢性的な渋滞が発生しています。現道の通過交通が厚木秦野に転換することにより、混雑緩和が期待されます。

――通行は有料なのでしょうか?

 暫定2車線(設計上の規格は4車線、設計速度80km/h)で整備すること、圏央道、東名、新東名など多くの主要道路と連絡することなどから、無料の道路として整備しています。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180301 atsugihadano 03
  • Thumbnail 180301 atsugihadano 01
  • Thumbnail 180301 atsugihadano 02

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. これが「第◯の東名」なら、小田原厚木道路も第三京浜もそうなんじゃないか?

    というかそもそも、「東名」の意味は御存知で? いつかは「東京厚木秦野名古屋道路」になるのかな? 同様に、新東名の海老名から東もどうなってるのかな?

  2. この道路、東京から名古屋まで繋がるんですか。聞いたことないですよ?

  3. オダアツも数に含めなきゃおかしいな

    ともあれ、この付近の246はやたら混むから、バイパスは必要なんだろうな

  4. 海岸側から数えて、この区間には平行して5本の自動車専用道路が走ることになるのですね。週末は名古屋方面からだけでなく、伊豆箱根からの帰りの車で一杯になるでしょうけれど、海老名から東京寄りの通行容量不足が余計に目立ちます。