首都高C2全通で渋滞悪化も マナー違反が一因?

3月7日に首都高C2中央環状品川線が開通し、浜崎橋JCTで渋滞がほぼ解消。また新宿から羽田まで混雑時でも19分で行けるようになるなど、利便性が向上しました。しかし渋滞が悪化している場所もあるようです。

首都高初の渋滞地点は解消されたものの

 2015年3月7日(土)に首都高C2中央環状品川線が開通し、首都高の渋滞状況に大きな変化が起きました。


 なかでも、C1都心環状線浜崎橋JCTの渋滞消滅はその象徴事例。なにしろ浜崎橋は1968(昭和43)年、首都高で最初に渋滞が発生した場所であり、長年にわたって首都高における渋滞の代名詞でした。個人的に『浜崎橋はなぜ渋滞するのか』という解説書を出したこともあるので、感慨はひとしおです。


 ですが一方、以前からの渋滞ポイントである熊野町JCTと大橋JCTではかえって渋滞が悪化しています。品川線の新規開通区間は渋滞フリーのパラダイス状態が続いていますが、北寄りほど混雑が激しくなっているのです。

20150322 c2shinagawasen 01
ボトルネックになっている熊野町JCT。今回開通したC2品川線はピンクの部分(左:2015年3月、清水草一撮影。右画像提供:首都高速道路)。

 首都高速道路が発表したデータを基にC2山手トンネル内の1日あたり交通量を、南寄りから順に並べてみましょう。


大井~大橋間/5万台(新規開通区間)
大橋~西新宿間/8万台(57%増)
西新宿~熊野町間/8.7万台(13%増)


 板橋~熊野町間は夕方ピーク時、ここを先頭に外回りが大橋JCT付近まで10km前後渋滞するようになりました。以前の渋滞長は4km程度でしたから、大幅な悪化です。この渋滞内の平均速度は約15km/h。渋滞10kmなら通過に約40分を要します。


 また西新宿~熊野町間では、これまでほぼ見られなかった内回りにも渋滞が発生するようになりました。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

13件のコメント

  1. That's really thnkinig at a high level

  2. C2内回りの西池袋→中野長者橋間の断続上り坂とその頂上にある速度取締り機による渋滞も通行量増加により更に悪化している。
    制限速度60キロで坂+オービスだなんてこれは人為的な渋滞。
    どうにかしてほしい。

  3. 文句があるなら東京を離れて車の少ない地域へ行かれればいかがですか?

    • 通りすがりさんにいいねします。
      どうやって交通を円滑にするか、という話だと思います。

  4. 改善していこうって話なのに、文句があるなら東京でてけはナンセンス。

  5. 文句に文句があるならこのサイトを出て行け

    • こんなんにキレてねえで、しっかり生きなさい。

  6. 板橋?熊野町jc の上りは従来の万年渋滞解消! 原因は車線の受動性の動向的欠落? まだある解消方法は!首都高 進歩した知恵を…

  7. 西池袋、中野長者橋間はほぼ毎日毎時間渋滞している。長者橋手前の速度取締機がその原因。ここを過ぎると流はスムーズ。

  8. 車間距離詰めすぎてスムーズな合流を妨げているのが原因では?
    ただドライバーのマナーも大切ですが、それを前提とした道路の構造にも問題があると思います。

  9. 東名を利用する大型トラックは、ここを通る車が減った。まだ一部の大型トラックだけだけど、狩場線経由で東名に乗ってるよ。俺もそうだけど、かなり時間が節約できる。ついでに言うと高速料金も安くなるし。因みに俺のルートは谷和原インターから常磐道に乗って6号線と湾岸線を経由して狩場線と保土ヶ谷バイパスで東名横浜町田インターって感じ。