新型「N700S」浜松工場で初公開! イベント「新幹線なるほど発見デー」開催 JR東海

JR東海が鉄道イベント「新幹線なるほど発見デー」を開催。新型車両のN700S確認試験車を初公開します。

「ドクターイエロー」車内見学なども企画

 JR東海は2018年6月29日(金)、浜松工場(静岡県浜松市)で開催す鉄道イベント「新幹線なるほど発見デー」で、新型車両のN700S確認試験車を初公開すると発表しました。

Large 180629 jrcnaruhodo 01
JR東海の新幹線新型車両「N700S」の確認試験車(2018年3月、恵 知仁撮影)。

 イベントは9月16日(日)に開催。東海道新幹線に親しんでもらえる様々な企画が会場で用意されます。

 N700S確認試験車は3月から走行試験を行っており、6月22日(金)には東京駅にも入線。試験結果に基づいて量産車を開発し、2020年度からの営業運転開始を目指しています。イベント当日には、この確認試験車が予約なしで見学できます。

「リニア・鉄道館」が出張授業で行っている、「じしゃくのふしぎをしらべよう じしゃくが社会をかえる!~超電導リニアのしくみ~」も実施。さらに、現役の東海道新幹線の車掌や運転士による授業形式のお仕事紹介も行われます。

 700系方向幕などの部品販売、車内放送体験、保守用車両の乗車体験、先頭車研ぎロボットの実演なども実施。「ドクターイエロー」の車内見学やN700A、700系の運転台見学、などは整理券が配布されます。

 このほか、東京~浜松工場間で団体用臨時列車を運転(東京行は初)。浜松工場につながる線路では、営業列車が通常通らない踏切も通過します。ツアーは、旅物語、クラブツーリズム、阪急交通社、JR東海ツアーズから発売されます。

「新幹線なるほど発見デー」は入場無料です。開催時間は10時から16時(最終入場は15時半)まで。当日は浜松駅から無料シャトルバス(所要約15分)が運行されます。

 JR東海は「クルマやバイク、自転車での来場はおやめください」としています。また、天候に対する十分な準備と、歩きやすい靴での来場を呼び掛けています。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180629 jrcnaruhodo 02
  • Thumbnail 180629 jrcnaruhodo 01

関連記事

最新記事

コメント