北大阪急行の延伸2駅、「箕面船場阪大前」「箕面萱野」に名称決定

北大阪急行線の延伸区間に開業する2駅の名称が「箕面船場阪大前」と「箕面萱野」に決定しました。

両駅とも候補案をもって正式決定

 北大阪急行電鉄と箕面市(大阪府)は2018年7月24日(火)、北大阪急行線の延伸区間に設ける新駅の名称が「箕面船場阪大前(みのおせんばはんだいまえ)」と「箕面萱野(みのおかやの)」に決定したと発表しました。

Large 180724 kitaqenshin 01
北大阪急行線の延伸区間に設置される2駅の名称は「箕面船場阪大前」と「箕面萱野」に決定した(画像:北大阪急行電鉄)。

 江坂~千里中央間5.9kmを走る北大阪急行は、直通運転を行っている大阪メトロ御堂筋線と一体となって、千里ニュータウン方面と大阪市中心部方面を結んでいます。2020年度には、現在の終点・千里中央駅から北へ約2.5km延伸され、途中の箕面市船場東3丁目付近に箕面船場阪大前駅が、同・西宿1丁目付近に終点の箕面萱野駅がそれぞれ開業する予定です。

 両駅名は箕面市による公募結果を踏まえ、地元12自治会や北大阪急行電鉄、大阪大学などから構成される北大阪急行線延伸線駅名検討会議が、2018年6月に「箕面船場阪大前」と「箕面萱野」を候補案に決定。今回、北大阪急行電鉄が国と大阪府へ手続きを行い、この案が正式な駅名に採用される運びになりました。

 北大阪急行電鉄と箕面市によると、箕面船場阪大前駅の名称は、駅周辺の地名「船場」と、今後移転してくる大阪大学箕面キャンパス、そして市名の「箕面」を組み合わせたもの。箕面萱野駅の名称の由来は、駅周辺が1948(昭和23)年まで萱野村と呼ばれていたこと、現在も萱野の地名があること、みのおキューズモール一帯が「かやの中央」と呼ばれていることなど。そして、遠方の人でも分かるよう市名の「箕面」を組み合わせたということです。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180724 kitaqenshin 02
  • Thumbnail 180724 kitaqenshin 01

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 箕面阪大前は…不安な予感しかしない。
    今でも阪大病院前、阪大本部前(歯学部)、
    豊中阪大前…
    豊中は付近に駅名やバス停が無いけど、
    確実に阪大病院と間違え多発すると思う。
    しかも悪いことに全て千里中央が絡む…

  2. 連続で「箕面」が続くのは。。。ちょっとくどい気もするが、妥当なのか。
    ただ、阪大はこの新駅からさほど遠くない場所に吹田・豊中キャンパスがあり、この駅名「箕面船場阪大前」だと両キャンパスへもこの駅からアクセスできるのではと誤解を招くのではないか。本来なら「箕面船場(阪大箕面キャンパス前)」が妥当かなと思う。