B滑走路が丸見え! 羽田空港に新ビュースポット誕生 料理・ドリンクも一緒に(画像29枚)

羽田空港の新たなビュースポットが誕生。ビュッフェやアルコールなどを楽しみながら、昼も夜も、滑走路を離着陸する飛行機などが楽しめます。「キング スカイフロント」地区、今後、新たな羽田エリアの拠点になりそうです。

「スカイツリー」や「ゲートブリッジ」も

B滑走路が目の前。料理やドリンクと一緒に楽しめる、羽田空港のあらたな「エアポートビュースポット」(1分20秒)。

 無数のライトできらめく滑走路、行き交う飛行機を眺めながらの――冷たい1杯。

 川崎市の再開発地区「殿町国際戦略拠点 キング スカイフロント」に、新たな「羽田空港ビュースポット」が誕生しました。2018年6月、そこへオープンした東急REIホテルのレストラン「Captain's Grill and Bar」では、飲食を楽しみながら、その窓、テラスから羽田空港を望むことができます。

 この「川崎キングスカイフロント東急REIホテル」は、商業施設「The WAREHOUSE」内にあり、“エアポートビュー”のレストランは宿泊者以外も利用可能。ランチビュッフェも実施されており、ドリンクはテラスへ持ち出しOKです。

Large 180726 haneda 01

拡大画像

「川崎キングスカイフロント東急REIホテル」のレストランから見る羽田空港のB滑走路。奥に東京ゲートブリッジ、観覧車の姿も(2018年7月、恵 知仁撮影)。

 あいにく取材時、正面に一望できる羽田空港のB滑走路で離着陸はありませんでしたが、地上を行き来する飛行機や、別の滑走路から離陸した飛行機、東京ゲートブリッジ、葛西臨海公園の観覧車、東京スカイツリー、「東京ディズニーリゾート」の“山”が視界に広がりました。天気によっては、富士山も見えるとのこと。

 また、目の前に多摩川がゆったりと流れる「都会のオアシス」のような場所で、商業施設で自転車が借りられます。ちなみに多摩川の堤防では雨上がり、よくカニが歩いているそうです。

Large 180726 haneda 02 Large 180726 haneda 03 Large 180726 haneda 04

拡大画像

拡大画像

拡大画像

テラスでも飲めるドリンク。クラフトビールも。
2020年、羽田空港と「キング スカイフロント」地区を結ぶ橋が開通予定。
ホテルの客室からも空港が見える。

 この「キング スカイフロント」地区は、多摩川を挟んだ空港の対岸にありますが、空港へ行くには、少し遠回りする必要があります。しかし2020年には、同地区と国際線ターミナル付近を直結する橋が開通予定。今後、この地区は新しい羽田エリアの拠点になるかもしれません。

 ちなみに、このレストランからは東京モノレールも眺望可能。「トレインビュースポット」でもあります。

【了】

この記事の画像をもっと見る(29枚)

Writer: 恵 知仁(乗りものライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント