新型イージス艦「まや」進水 海自初の「共同交戦能力」搭載 海上自衛隊

海上自衛隊の新型イージス護衛艦が進水、艦名は「まや」と命名されました。従来の海自艦艇にない「共同交戦能力」を付与されているといいます。

海自護衛艦初の「共同交戦能力」を獲得

 海上自衛隊は2018年(平成30年)7月30日(月)、新型イージス護衛艦の進水式を神奈川県横浜市にあるジャパンマリンユナイテッドの造船所(JMU横浜事業所磯子工場)で実施しました。

Large 180730 maya 01

拡大画像

2018年7月30日に実施された、海上自衛隊新型イージス護衛艦「まや」の進水式の様子(画像:海上自衛隊)。

 この新型艦は「まや」と命名され、この後約1年かけて艤装が施されたのち、各種試験や公試を経て就役は2020年3月を予定しています。調達費は約1680億円です。

「まや」は、海自護衛艦で初めて「CEC(Cooperative Engagement Capability、共同交戦能力)」を搭載しています。これは、護衛艦や潜水艦、航空機などがネットワークで結ばれ、各々が捉えた敵情報を共有しようとするもので、これにより護衛艦単体では捕捉することのできない超長距離(水平線以遠)の目標情報も味方の航空機のレーダーが捉えていればリアルタイムで目標として識別し、自動迎撃できるようになるそうです。CECは当然、日本のみならず同盟国同士でリンクすることが可能なため、日米や日豪などでの情報共有が可能となります。

 米軍はすでにイージス艦や早期警戒機にCECを導入済みで、日本は「まや」に続いて2019年に進水予定の2番艦も装備するほか、航空自衛隊が導入する最新のE-2D早期警戒機への搭載も検討されています。

 また、これ以外にも日米が共同開発中の新型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の発射能力も就役当初から備える予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180730 maya 02
  • Thumbnail 180730 maya 03
  • Thumbnail 180730 maya 04
  • Thumbnail 180730 maya 01

Writer: 柘植優介(月刊PANZER編集長)

創刊40年以上を誇る老舗軍事雑誌(http://www.argo-ec.com/)の編集人。子供のころから乗り物全般が好きで、車やバイクはもちろんのこと、鉄道や船、飛行機、はたまたロケットにいたるまですべてを愛す。一時は自転車やランニングシューズにもはまっていた。

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. link16とか軍用の情報共有ネットワークの話の度に思うこと。
    「電波妨害で無力化されないのかな?」
    機密なんだろうけど、どのくらい対策されてるのか知りたい。