JR東海「異常時訓練シミュレータ」を整備 新幹線で起こる不測事態・災害の対応力強化

JR東海が異常時訓練シミュレータを整備へ。新幹線運転士を対象に、特殊な状況下での対応力を訓練します。

2020年導入予定

 JR東海は2018年8月30日(木)、東海道新幹線の運転士を対象に、異常時の対応力を強化することを目的として、異常時訓練シミュレータを整備すると発表しました。

Large 180830 jrcincident 01
異常時訓練シミュレータの、列車火災を想定した使用例(画像:JR東海)。

 豪雨や強風、地震といった災害時の運転規制、列車火災など不測の事態を想定し、これらの特殊な状況下での対応力を訓練できます。

 指令役・車掌役の講師が特殊な状況を随時発生させながらマンツーマンの対話形式で訓練を進めていく方法と、個々人がハンドル類やタッチパネルを操作して自習形式で訓練を進めていく方法のふたつを用意。瞬時の判断力や乗務員間の情報共有などが繰り返し行えます。取り扱いを誤った際に生じる影響も例示されます。

 異常時訓練シミュレータは、2020年6月をめどに、乗務員職場(東京、名古屋、大阪)と、総合研修センター(三島)に設置される予定です。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 鉄道各社さんへお願いします。
    どうか、燃え盛る火災現場のちょうどその場所で緊急停止してしまった(しかも動かせなかった)小田急電鉄の失敗を繰り返さないよう良いマニュアル作りを心掛けてください。