200m「金」など、アジア大会で好成績のANA社員2名が帰国 「飛行機の良さ」語る

第18回アジア競技大会で優秀な成績を収めたANA社員の小池選手と山下選手が帰国。「アスナビ」というアスリートを支援するJOCの活動を通じてANAに就職、人事部で働いているそうですが、山下選手は特に飛行機が好きなようです。

JOCの「アスナビ」を通じてANA社員に

 2018年8月18日(土)からインドネシアで開催されている第18回アジア競技大会にて優秀な成績を収めたANA(全日空)社員が8月31日(金)、日本へ帰国。ANAグループ社員たちが、成田空港で出迎えました。

 このたび帰国したのは、陸上競技200mの金メダルと、1600mリレーの銅メダルを獲得した小池祐貴選手、三段跳びで4位に入賞した山下航平選手です。

Large 180831 ana asia 01

拡大画像

帰国した小池選手(右から2人目)と山下選手(2018年8月31日、恵 知仁撮影)。

 小池選手と山下選手は、日本オリンピック委員会(JOC)が行っているトップアスリートの就職支援ナビゲーション「アスナビ」を通じ、2018年4月1日にANAへ入社。会社では人事部で、後述するANAグループの行動指針やチームスピリットなどを社内に伝え、浸透させていくといった仕事をしているとのこと。

「アスナビ」はJOCが2010(平成22)年より実施している、トップアスリートの支援や雇用を実現させる活動。生活環境を安定させることで世界を目指すトップアスリートが競技を安心して続けられる環境を、雇用者とアスリートがWin-Winの関係になれる形でつくることを目指すものです。

 そしてANAグループは、JOCオフィシャルサポーター、「東京2020オリンピック・パラリンピック」オフィシャルパートナーの企業グループで、「努力と挑戦」を行動指針に掲げており、世界に挑戦する日本のアスリートを支援する「アスナビ」の趣旨に賛同することから、こうしたアスリートの社員採用や、競技活動のサポートを行っているといいます。

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail  r4a8613
  • Thumbnail  r4a8620
  • Thumbnail  r4a8628
  • Thumbnail 180831 ana asia 01
  • Thumbnail 180831 ana asia 02

関連記事

最新記事

コメント