JACボンバルディアDHC8-Q400退役チャーターツアー実施 定期便と異なるルート飛行

2018年11月で退役するJACのボンバルディアDHC8-Q400型機をチャーターし、ラストフライトをともにするツアーが登場。格納庫見学や、パイロットらによるトークショーなども実施されます。

旧種子島空港の見学も

 ジャルパックが2018年10月2日(火)14時より、この11月に退役するJAC(日本エアコミューター)のボンバルディアDHC8-Q400型機をチャーターし、ラストフライトをともにするツアー「JACボンバルディアDHC8-Q400退役チャーターツアー2日間」を発売します。

Large 181001 jac q400 01
2018年11月に退役するJACのボンバルディアDHC8-Q400型機(画像:ジャルパック)。

 日程は12月1日(土)からの2日間。東京もしくは大阪から鹿児島空港へ到着したのち、JACの格納庫やATR型機のフライトシミュレーターを見学して、夜はパイロット、客室乗務員のトークショー。翌日は、鹿児島空港からQ400のチャーター機で種子島へ。写真撮影などを楽しんでから鹿児島空港、そして出発地へ戻るという行程です。

 鹿児島空港~種子島空港間のチャーター機は、定期便とは異なるルートを飛行。桜島や屋久島といった鹿児島の名所を、空から観光できる予定です。また種子島では、10年以上使われていない旧種子島空港を見学。1日目夜のトークショーは、熱心な航空ファンとしても知られる東海ラジオの酒井弘明アナウンサーが司会を務めます。

 旅行代金は東京発、1室2名利用、チャーター機で通路側席の場合で9万8800円(1名分)。1名から申し込めますが、未就学児は参加できません。なお、チャーター機の座席は早い者勝ちだそうです(窓側と1B席は追加代金が発生)。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント