世界のトンデモ空港 手を伸ばせば飛行機に届く? 航空ファンの聖地、その実態

空港には安全面でシビアな基準が要求されますが、世界には目を疑うような環境下で運営されている空港も。危険をはらみながらも、迫力ある光景が繰り広げられています。

手を伸ばせば飛行機に届きそう!?

 空港が担う一番大切な役割は、飛行機を安全に飛ばすこと。数ある交通施設の中でも、とりわけ安全面ではシビアな基準が要求されます。しかし、世界には目を疑うような環境下で運営されている空港があるのです。

 たとえば、カリブ海に浮かぶセント・マーチン島。面積約88平方キロメートル、北側がフランス領、南側がオランダ領とふたつの国に統治されているこの島では、水着姿ではしゃぐ人々に、容赦なく飛行機が迫りくるというスゴイ光景が広がっています。

Large 180824 airport 01

拡大画像

プリンセス・ジュリアナ空港に隣接するマホ・ビーチ。頭上すれすれを飛ぶ飛行機を撮影しようと人が集まる(画像:Sean Pavone/123RF)

 島の玄関口であるプリンセス・ジュリアナ国際空港は、オランダ領側西部にあり、観光地であるマホ・ビーチに隣接しています。ビーチとフェンス1枚で隔たれた先は滑走路という特異な環境から、「世界で最も危険な空港」に選ばれたこともあるのです。

 飛行機は、観光客で賑わうビーチの上空わずか20~30mを、轟音を響かせながら通過して離着陸。ビーチには突風が吹きつけ、砂嵐が舞います。10階建てのビルよりも低い高さを飛んでいるため、「手を伸ばせば届きそう」なほど近くに感じるとか。数年前までは、4基のエンジンを備えた2階建ての客室を持つ超大型機B747(通称ジャンボ)も飛んでおり、その迫力はもはや想像を絶します。

 ビーチでは、飛行機の離陸時にジェットエンジンから噴射される「後方気流」も凄まじく、大人の男性でも立っていられないほどです。通常、後方気流が直撃するおそれのある滑走路付近は立ち入り禁止ですが、この空港では「危険。離着陸時の気流で重傷を負ったり命を落としたりすることがあります」といった注意喚起の看板があるだけです。

 とはいえ、このビーチではもはやフライト自体が無料の航空ショー化しており、連日、見学の人が絶えません。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180824 airport 03
  • Thumbnail 180824 airport 04
  • Thumbnail 180824 airport 01
  • Thumbnail 180824 airport 02

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. あと数年後に飛んでも宇宙港が世界各地に造られそうだな