JR山手線の改札でオリジナルマンガ配信 8駅限定、LINE利用者向けに

JR東日本が、山手線8駅の改札で、その駅と周辺の魅力を取り上げたオリジナルマンガを配信。改札を通過する利用者への「LINE Beacon」を活用した情報配信は、日本の鉄道事業者では初の試みといいます。

実施駅とその街の魅力をマンガで

 JR東日本東京支社は2018年10月11日(木)、山手線の駅改札口付近に設置した「LINE Beacon」を活用し、その駅と周辺の魅力を伝える限定オリジナルマンガの配信を開始しました。

Large 181011 jreymtline 01
山手線の駅改札でオリジナルマンガを配信する「山手線×LINEマンガ ~マンガを読んでおでかけしよう!~」キャンペーン(画像:JR東日本東京支社)。

「LINE Beacon」はコミュニケーションアプリ「LINE」で、Beacon端末からの信号情報と連動して、ユーザーとコミュニケーションできるサービスです。JR東日本では、山手線とその内側の計36駅の改札口付近に加え、山手線の新型E235系電車の各車内に端末が設置されています。

 今回の取り組みは「山手線×LINEマンガ ~マンガを読んでおでかけしよう!~」キャンペーンとして、LINE利用者向けに12月11日(火)まで展開されます。配信開始日と実施駅は次のとおりです。

・10月11日(木)~:池袋、五反田
・10月22日(月)~:新橋、高田馬場
・11月1日(木)~:田町、代々木
・11月12日(月)~:御徒町、田端

 池袋、新橋、代々木、御徒町では森つぶみさんの『月曜から金曜の男子高校生』が、池袋、五反田、高田馬場、田町、田端では帯屋ミドリさんの『ぐるぐるてくてく』がそれぞれ配信されます。なお、本編は電子コミックサービス「LINEマンガ」で連載中です。

 改札で限定マンガを受信するには、LINEアプリで「LINE Beacon」をオンに設定し、Bluetoothもオンにします。LINEアプリを起動し改札を通過すると、アプリ画面の上部にバナーが表示されるため、それをタップし利用規約に同意。「LINEマンガ」のLINE公式アカウントを「友だち」に追加すると、表示されたリンク先から「山手線×LINEマンガ」を楽しめます。

 JR東日本東京支社によると、改札を通過する利用者への「LINE Beacon」を活用した情報配信は、日本の鉄道事業者では初の試みとのこと。「『山手線』を舞台に、『LINE』『マンガ』という親しみやすい手段を使って多くの方々に新しい体験をお届けし、駅と街の活性化および沿線の魅力向上を目指します」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181011 jreymtline02
  • Thumbnail 181011 jreymtline03
  • Thumbnail 181011 jreymtline 01

最新記事

コメント