山手線は1日に「何周」する? 早朝から深夜まで走る電車も その走行距離は…?

山手線の電車は1日に何周しているのでしょうか。所属車両のほとんどが走る朝ラッシュ時も含め、早朝から深夜まで回り続けている電車もあるそうです。

距離にすれば東日本縦断!?

 東京、品川、渋谷、新宿、池袋、上野など、東京の主要駅を環状に結ぶ山手線、本数が最も多い8時台には、内回り、外回りとも2分から3分おきに電車が来ます。

Large 171218 yamanote 01
山手線の新型車両E235系電車(画像:kawamuralucy/123RF)。

 いったい、どれほどの電車が毎日何周しているのでしょうか。JR東日本東京支社に聞きました。

――山手線の電車は合計で何本あるのでしょうか?

 山手線用としては計52本が在籍しています。そのうち何本が走るかは時間によって異なりますが、たとえば8時ちょうどの時点では、48本が走っています。

――1本の電車はおよそ何周するのでしょうか?

 編成によって異なりますが、最も長い場合、始発から終電近くまでずっと走り続けているものもあり、その場合は20周ほどになります。電車は、定められた期間や走行距離に応じて各種検査が行われるので、そのスケジュールを考慮しながら日々運用を決めていきます。

※ ※ ※

 山手線は1周34.5kmで、およそ1時間で1周します。仮に20周したとするとその距離は690kmとなり、東京を始点に青森県の下北半島の付け根、野辺地駅(野辺地町)付近にまで到達できる計算になります。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171218 yamanote 02
  • Thumbnail 171218 yamanote 01

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 目が回る・・・けど、52本?実数はもう少し少なくない?E235系投入開始より早くE231系500番台転属開始してるはずだから。

  2. いつもより多めに回っております

  3. 山手線って、凄いな。
    だって駅は30も無いのに、8時には48本走っているって
    20本近くは、駅にいないんだ。