「ホンダジェット」アジア圏で型式証明初取得 性能向上パッケージ発売

ホンダエアクラフトカンパニーが、小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」「ホンダジェットエリート」の型式証明をアジア圏で初めて取得。また、従来モデル「ホンダジェット」を対象としたパフォーマンスパッケージを発売しました。

インドの型式証明を取得

 ホンダの航空機事業子会社であるホンダエアクラフトカンパニー(HACI)は2018年10月15日(月、現地時間)、インドでの型式証明取得と、従来モデルに適用できるパフォーマンスパッケージを発表しました。

Large 181016 hondajetapmg 01
「ホンダジェット APMGパフォーマンスパッケージ」を適用したホンダジェット(画像:ホンダ)。

 米フロリダ州で開催されるビジネス航空ショー「ナショナル ビジネス アビエーション アソシエーション(NBAA)2018」(プレスデー10月15日、一般公開16~18日)で明らかにしました。

 HACIは9月、インド民間航空局(DGCA)から小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」と「ホンダジェットエリート」の型式証明を取得。これはアジア圏では初であり、米、ヨーロッパ、メキシコ、カナダ、ブラジル、アルゼンチン、パナマに続く型式証明取得となります。現在、さらに日本と中国で型式証明の申請を行っており、適用国の拡大を進めるといいます。

 また、HACIは「ホンダジェット APMGパフォーマンスパッケージ」を15日(月)に発売。これは従来モデル「ホンダジェット」の購入後に、機体の性能をより向上させることのできる商品です。

 たとえば機体の空力性能を改善することで最大離陸重量を1万600ポンド(4808kg)から1万700ポンド(4854kg)に増加。航続距離は平均100~120ノーティカルマイル(185~222km)延長します。また、主翼、水平尾翼の空力性能改善により、離陸距離を3934フィート(1199m)から3491フィート(1064m)へ短縮し、利用可能な空港数が増加するなどのメリットがあります。パフォーマンスパッケージはHACIおよび各地域のホンダジェットディーラーで適用が可能です。

 HACI取締役社長の藤野道格さんは「インドDGCAにおけるホンダジェットの型式証明取得は、アジアでは初となり、ホンダジェットのさらなるグローバル展開を意味しています。また、我々はビジネスジェット業界のパイオニアとして最先端の技術を持ってより良い製品を提供することを目指しており、今回発表したホンダジェットAMPGパフォーマンスパッケージは、所有いただいている機体の利用用途拡大や安全性の向上など、ホンダジェットのさらなる可能性を引き出します」とコメントしています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181016 hondajetapmg 02
  • Thumbnail 181016 hondajetapmg 01

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. このままトヨタより先にタイムマシンを開発しそうかも