JACのDHC8-Q400退役ツアーに新プラン 廃墟のような旧種子島空港でサプライズ?

約10年前まで使われていた旧種子島空港。現役じゃない空港ならではの“サプライズ”がありそうです。

Large 181023 jalpak 01

拡大画像

ツアーで見学する旧種子島空港。約10年前まで使われていた(画像:ジャルパック)。

 2018年11月に退役する、JAC(日本エアコミューター)のボンバルディアDHC8-Q400型機。これをチャーターし、ラストフライトをともにするツアーに、鹿児島空港から参加する「現地合流プラン」が加わります。

 既存プランは東京もしくは大阪発着でしたが、それ以外の地域からも参加しやすくなったほか、旅行代金は2名1室で7万円、1名1室で7万1000円と、東京発着2名1室プランとの比較で2万8800円安い価格。10月24日(水)の14時に発売開始です。

Large 181023 jalpak 02 Large 181023 jalpak 03 Large 181023 jalpak 04

拡大画像

拡大画像

拡大画像

旧種子島空港の滑走路(画像:ジャルパック)。
壁面に懐かしい会社名が残る旧種子島空港(画像:ジャルパック)。
廃墟のような旧種子島空港(画像:ジャルパック)。

 主催するジャルパックによると、ツアーで見学する旧種子島空港ではサプライズ企画を考えているとのこと。「滑走路をバスに乗って走る」といったレア体験ができるかもしれません。

●詳細はこちら
https://www.jal.co.jp/domtour/kyu/q400_charter/

【了】

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181023 jalpak 02
  • Thumbnail 181023 jalpak 03
  • Thumbnail 181023 jalpak 04
  • Thumbnail 181023 jalpak 01

関連記事

最新記事

コメント