100年乗っても大丈夫!? 爆撃機B-52はなぜこれほど長寿命なのか

戦略爆撃機B-52「ストラトフォートレス」といえば、1960年代のベトナム戦争におけるアメリカ軍の象徴ともいえますが、これが2050年まで運用される見込みとなりました。100年も実用に耐えうるとされるのには、どのような理由があるのでしょうか。

「成層圏の要塞」は100年運用へ

 アメリカ国防総省は2019年度の予算要求で、老朽化した戦略爆撃機B-52のエンジンを新型に換装する予算を計上しました。これによりB-52は2050年まで運用が続けられる見通しとなります。

Large 180221 b52 01
エンジンを換装し2050年までの運用が決定したB-52(2017年、石津祐介撮影)。

 現在、B-52Hのエンジンは、ボーイング707やDC-8にも使われたプラット・アンド・ホイットニー社製ターボファンエンジンJT3Dの軍用型TF33を8発搭載しています。当初ボーイングは現行の8発から、4発の高バイパスターボファンジェットエンジンRB211に換装するプランを提案していましたが、主翼の構造変更などが必要となるためエンジン数は変更しないようです。

 新たに換装するエンジンについて、ロールスロイスはすでにアメリカ空軍の通信中継機E-11や要人輸送機C-37で採用しているBR710の改良型であるBR725を提案し、一方プラット・アンド・ホイットニーは現行のTF33のシステムをアップグレードする案を提案しています。今回、予算が計上された事でより具体的なプランが出てくると見られます。

Large 180221 b52 02
B-52Hの機首部分。ノーズアートが施されている(2017年、石津祐介撮影)。

 そのB-52ですが、アメリカ空軍で運用が開始されたのは1955(昭和30)年。計画の通り2050年まで運用されると、なんと100年近くも現役となることになります。なぜ、それほど長期間運用されることになったのでしょうか。

この記事の画像をもっと見る(7枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180221 b52 07
  • Thumbnail 180221 b52 01
  • Thumbnail 180221 b52 02
  • Thumbnail 180221 b52 03
  • Thumbnail 180221 b52 04
  • Thumbnail 180221 b52 05
  • Thumbnail 180221 b52 06

関連記事

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. 読者に誤解を与える記事タイトル・内容
    100年運用と言っても1955年からの同じ機体が100年飛ぶわけじゃない

    • 現存する機体は最末期の生産型で、それ以前の型は条約の関係でほぼスクラップですし。

      B-52はタミヤの1/100が欲しかったが、空襲で焼け出された経験の親父に反対されたなあw

    • >空襲で焼け出された経験の

      それB-29なのにね。とんだとばっちりですね。
      まあどっちもアメリカの戦略爆撃機だけど。ツポレフなら買ってもらえたんですかね?(^^)

  2. そういえばもう30年以上前に読んだマンガで、現代文明が崩壊し地上は蛮族が徘徊する世界で全自動の飛行を続けるB-52を描いた作品を思い出した。
    こういったシチュエーションが妙に似合う飛行機ではある。

    • 真鍋さんの作品ですねー
      また読み返してみよう

  3. 戦略爆撃機なんてただでさえ贅沢品な上に、アメリカの制空能力が世界一強力だからこれ以上の性能を必要としないという特殊な背景あってのこと。
    アメリカに強い対抗心を持つ上に見栄で兵器を揃えてるだけのロシア以外で、他の国が戦略爆撃機を持つ必要に迫られたらもっと高性能な機体が必要になる。

  4. タイトル  100年乗っても大丈夫!?  物置のパロディーですか?

  5. イナバ物置じゃないんだからサ