ANA欧州発便の機内食、日本産の素材で提供 EU HACCP認定取得で実現

EU向けに調理済みの魚の和食を輸出できるようになりました。

Large 181130 anaeuhaccp 01
2018年12月~2019年2月、ロンドン、フランクフルト発のファーストクラスで提供する和食メニューの主菜「鯛胡麻焼き」のイメージ(画像:ANA)。

 ANA(全日空)が、2018年12月1日(土)からヨーロッパ発の航空便で、日本産の素材を使った機内食(和食)の提供を始めました。国内初といいます。

 機内食の企画・調理などを行うANAケータリングサービスの川崎工場が、2018年6月に「対EU輸出水産食品取扱施設」として水産庁から認定を受けました(EU HACCP認定)。これにより、日本で採れた魚を使用し、日本で調理した和食をEU圏内へ輸出できるように。ANAによると、ブリやタイ、シマアジを使った和食の提供が可能になり、食事のレパートリーが拡大するとしています。

●詳細はこちら
https://www.ana.co.jp/group/pr/201811/20181130-2.html

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント