バニラエア、来年10月で運航終了へ 経営統合でピーチに移管

Peachとバニラエアの統合に伴い、バニラエアとしての航空便の運航が終了します。航空路線は段階的にPeachに引き継がれます。

一部路線は廃止も

 LCC(格安航空会社)のPeachとバニラエアは2018年12月17日(月)、両社統合により、バニラエアとしての運航を2019年10月26日(土)に終了すると発表しました。

Large 181217 peachvanilla 01
バニラエアの旅客機。写真はイメージ(画像:photolibrary)。

 両社は2019年度中をめどに統合を計画しており、ブランドはPeachに統一する方針です。

 バニラエアとしての運航終了は、5月7日(火)の関西~桃園線から始まり、10月26日(土)の成田~桃園線、福岡~桃園線まで段階的に実施されます。便数が6~8往復と最多の成田~新千歳線は8月31日(金)で終了します。

 各路線の運航はPeachに引き継がれますが、関西~奄美大島線、成田~高雄線など一部の路線は、バニラエアによる運航終了からPeachによる就航まで期間が空きます。

 また、成田~函館線は3月30日(土)、成田~香港線と那覇~石垣線は5月31日(金)にそれぞれ廃止される予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

【夏休み】お得な航空券ならエアトリ!

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181217 peachvanilla 02
  • Thumbnail 181217 peachvanilla 01

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 成田-香港便がなくなるのは痛い
    ピッーチーアビエーションの羽田-香港便が出てるからいいか