東海道新幹線「のぞみ」さらに本数増 全列車285km/h化で1時間最大12本に 2020年春

700系は引退へ。

Large 190418 jrcnzm12 01
東海道新幹線は2020年春に「のぞみ12本ダイヤ」が実現へ(画像:JR東海)。

 JR東海は2019年4月18日(木)、東海道新幹線で1時間あたり片道最大10本運転している「のぞみ」を、2020年春に12本へ増やすと発表しました。

 車両をN700Aタイプに統一し、全列車の最高速度を285km/h化。さらに各種設備を改良することで、2020年春に「のぞみ12本ダイヤ」を実現させるといいます。これに伴い、東海道新幹線での最高速度が270km/hの700系電車は引退を迎える見込みです。

 東海道新幹線の「のぞみ」は1992(平成4)年に最高速度270km/hで運転を開始。2003(平成15)年には品川駅の開業にあわせて全列車の最高速度を270km/hに統一することで、「のぞみ」中心のダイヤに変わりました。

 現在は、1時間あたり片道最大「のぞみ」10本、「ひかり」2本、「こだま」3本が運転されていますが、新ダイヤでは「のぞみ」12本、「ひかり」2本、「こだま」3本の組み合わせに(いずれも東京発基準)。利用の多い時間帯、「のぞみ」は平均5分に1本の間隔で運転されるようになります。

 東京~新大阪間の「のぞみ」所要時間は、現行ダイヤだと2時間30分以内が3本、2時間33分~37分が7本ですが、新ダイヤは12本すべてが2時間30以内となり、平均の所要時間が短縮されます。

【了】

【写真】静岡の茶畑を走る新幹線700系

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190418 jrcnzm12 03
  • Thumbnail 190418 jrcnzm12 02
  • Thumbnail 190418 jrcnzm12 01

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 一時間で既に15本走ってるのに17本・・・
    それも複線の設備でこの本数。
    東京の地下鉄にも匹敵する本数の多さ・・・
    最ピーク時の地下鉄や中央快速には流石に敵わないだろうが、中央快速や田園都市線や東西線と比べて倍の長さで、通勤特化では無くしかも長距離特化の列車をそれだけ走れせられる技術を在来線にも供給すべきだ。
    特に複々線化してもあの有様の小田急とかには必要。

  2. 来年のぞみが増便されるそうですが、静岡駅に止まるようになるんでしょうね。
    いままであまりにも静岡を無視し続けてきたと思いませんか?

    • 『【写真】静岡の茶畑を走る新幹線700系』というのがなんとも皮肉。
      けど静岡駅か浜松駅のどっちに停めて欲しいのか、県外者には(もしや県内者にも?)わからん。

  3. のぞみが増えて時間短縮となればのぞみ利用者にとっては良いかもしれないが、こだまやひかりの時間が増えてしまうとなればのぞみが止まらない駅利用者を馬鹿にしてないか?と思う。