諸元表「JR東日本E956形新幹線電車『ALFA-X』」

JR東日本が次世代新幹線の開発を進めるために投入した試験車両、E956形新幹線電車「ALFA-X」が完成。最高速度360km/hの営業運転を目指し、そのための車体構造や技術の比較検証などを行います。おもな諸元を紹介します。

先頭車両のデザインは2種類

Large 190509 alfax 01

拡大画像

新青森方の10号車を先頭としたE956形「ALFA-X」(2019年5月、草町義和撮影)。

 JR東日本が次世代新幹線の開発を進めるため、試験車両のE956形新幹線電車「ALFA-X(アルファエックス)」を導入。先頭形状は東京方が約16m、新青森方が約22mの2種類あり、トンネル突入時の圧力波の抑制で比較検証を行います。2019年5月から2022年3月にかけて仙台~新青森間を中心に360km/hまでの走行試験を行うほか、最高速度400km/hの走行も数回程度実施する予定です。

主要諸元(JR東日本E956形新幹線電車「ALFA-X」)

■号車 形式(車種)
1 E956-1(M1c)
2 E956-2(M2)
3 E956-3(M1)
4 E956-4(M2)
5 E956-5(M1)
6 E956-6(M2)
7 E956-7(M1)
8 E956-8(M2s)
9 E956-9(M2s)
10 E956-10(M1c)

※E956-1=東京方
※E956-10=新青森方

■重量
平均軸重12.3tf、最大13.1tf

■最高運転速度
360km/h(※試験として一時的に400km/h)

■車両主要寸法
車体長24500mm(先頭車26250mm)×車体幅3350mm×車体高3700mm

■車体
○車体構造
アルミ合金製 気密車体

○先頭形状
約16m(E956-1)、約22m(E956-10)

残り897文字

この続きは有料会員登録をすると読むことができます。

2週間無料で登録する

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」