ついにテイクオフ! ANAのエアバスA380型機「フライングホヌ」 超巨大機ハワイへ就航

ANAが、日本の航空会社で初導入する「世界最大の旅客機」エアバスA380。「フライングホヌ(空飛ぶウミガメ)」という愛称と特別塗装を持つその機体が、成田からホノルルへ飛び立ちました。セレモニーも行われています。

撮影で中に入りましたが…!

 ANAが、日本の航空会社で初めて導入したエアバスA380型機が2019年5月24日(金)、東京・成田20時10分発のハワイ・ホノルル行きNH184便で運航を開始しました。

「撮影でA380の中に入りましたが、広くて新しい機内には、ワクワクする事がたくさんありました!」(ANAのCMに出演する女優 綾瀬はるかさんが寄せたビデオメッセージより)

Large 190524 a380 01

拡大画像

ANAのA380型機「フライングホヌ」初便就航の様子(2019年5月24日、恵 知仁撮影)。

 2階建て構造の客室を持つ、「世界最大の旅客機」であるエアバスA380型機。ANAが導入する同機はファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミークラス73席、エコノミークラス383席(うち60席が簡易ベッドになる「ANA COUCHii」)の全520席という大きな輸送力が特徴のひとつです。

 ANAによると、運航初便のホノルル行きNH184便は満席の予約だったとのこと。同社の平子裕志社長は「いよいよ待ちに待った瞬間がやってきました。丸みを帯びた機体にデザインがよく似合っていると、世界中から好評をいただいております」と話します。

【写真】A380「フライングホヌ」初便搭乗者へのプレゼント

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. こんな大きなカメを飼育する為の水槽が有るとしたらどんな構造だろう?