Suicaでフリーパス発売 「のんびりホリデーSuicaパス」「都区内パス」など JR東日本

JR東日本が、磁気券で販売していたフリーパスタイプの企画乗車券「都区内パス」「ヨコハマ・みなとみらいパス」「鎌倉・江ノ島パス」をSuicaでも販売へ。IC専用の「のんびりホリデーSuicaパス」も新規設定します。

「のんびりホリデーSuicaパス」はIC専用

 JR東日本は2019年6月4日(火)、これまで磁気券で販売していたフリーパスタイプの企画乗車券の一部を、ICカード「Suica」でも発売すると発表しました。

 新たに発売するIC企画乗車券は、新規設定の「のんびりホリデーSuicaパス」と、磁気券で従来からある「都区内パス」「ヨコハマ・みなとみらいパス」「鎌倉・江ノ島パス」です。

Large 190604 jresuicapass 01
「のんびりホリデーSuicaパス」の券面イメージ(画像:JR東日本)。

「のんびりホリデーSuicaパス」は、JR東日本の東京近郊のフリーエリア内を走るJR東日本の普通列車(快速含む)普通車自由席と、東京臨海高速鉄道(りんかい線)、東京モノレールが1日乗り放題に。さらに特急券を別に買うと特急列車が、グリーン券を買うとグリーン車が利用できます。

 フリーエリアは磁気券の「休日おでかけパス」(2670円)とほぼ同じで、東京から小田原、大月、寄居、神保原、足利、自治医大、下館、土浦、成田空港、茂原、君津までの範囲ですが、新幹線は利用できません。

 発売額は2620円(子ども1310円)。発売期間は9月1日(日)から2020年3月31日(火)までです。土休日と12月29日~1月3日に利用できます。

「都区内パス」「ヨコハマ・みなとみらいパス」「鎌倉・江ノ島パス」は、発売・利用とも通年です。Suicaに対しては9月1日(日)以降、販売されます。

Large 190604 jresuicapass 02 Large 190604 jresuicapass 03 Large 190604 jresuicapass 04
「都区内パス」の券面イメージ(画像:JR東日本)。
「ヨコハマ・みなとみらいパス」の券面イメージ(画像:JR東日本)。
「鎌倉・江ノ島パス」の券面イメージ(画像:JR東日本)。

 いずれのIC企画乗車券も、利用できるSuicaは、「My Suica(記名式)」「Suicaカード」と、訪日客向けの「Welcome Suica」です。「モバイルSuica」や定期券などで利用しているSuica、クレジットカードなどと一体となっているSuicaは利用できません。

 IC企画乗車券は、各商品フリーエリア内のJR東日本の駅にある「みどりの窓口」や指定席券売機、多機能券売機などで購入できます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190604 jresuicapass 05
  • Thumbnail 190604 jresuicapass 01
  • Thumbnail 190604 jresuicapass 02
  • Thumbnail 190604 jresuicapass 03
  • Thumbnail 190604 jresuicapass 04

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

コメント