高速バス「桜川・筑西ライナー」運行開始 東京から下館駅、岩瀬駅へ直通 茨城交通

筑西周辺の農産物との「貨客混載」も検討中だそうです。

 茨城交通が2019年7月23日(火)、高速バス「桜川・筑西ライナー」の運行を開始しました。東京駅鍜治橋駐車場と、JR水戸線沿線の下館駅(茨城県筑西市)、岩瀬駅(同・桜川市)を結ぶ新路線です。

Large 190723 sakuragawa 01s

拡大画像

みちのりホールディングスのグループカラーをまとった茨城交通の高速バス車両(画像:みちのりホールディングス)。

 1日3往復を茨城交通が単独で運行。全便にトイレ、無料の車内Wi-Fiを備えます。東京駅鍛冶橋駐車場を出たバスは、下館駅南口、道の駅 グランテラス筑西(ここまで筑西市、片道2200円)、ゆららの湯、岩瀬中央公民館入口、岩瀬駅(ここまで桜川市、片道2200円)に停車。東京行きの便は、乗客の希望に応じて首都高の八潮PAにも停車し、つくばエクスプレス(八潮駅)との乗り換えに便宜を図ります。

 桜川市や筑西市は合計5万世帯の住宅地を有するとともに、茨城県西地区の工業団地も開発が進み首都圏との交流も盛んなことから、茨城交通は両市および周辺住民の都心への移動手段として、路線開設に向け両市と協議を重ねてきたといいます。なお、筑西周辺の農産物などを高速バスに載せて東京に直送する「貨客混載」についても、道の駅 グランテラス筑西と協議検討中とのことです。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190723 sakuragawa 02
  • Thumbnail 190723 sakuragawa 01s

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 私は首都圏から下館に日帰り観光旅行を行ないたい立場なので、このバスじゃ丸っきり役に立たない。