JALが空港国内線設備を一新、「JAL SMART AIRPORT」に 羽田は2020年夏全面オープン

JALが国内線空港設備を「JAL SMART AIRPORT」にリニューアル。新機器を導入するほか、地上係員もモバイル端末を携行し、場所を選ばず搭乗時の手続きを案内可能に。羽田空港から国内基幹空港に順次、展開していきます。

新千歳、伊丹、福岡、那覇も2021年までに

 JAL(日本航空)は2019年7月23日(火)、羽田空港などで同社の国内線空港設備をリニューアルすると発表しました。

Large 190724 jsa 01
リニューアル後の出発ロビーのイメージ(画像:JAL)。

 同社は今回のリニューアルを「JAL SMART AIRPORT」と名付け展開。チェックインカウンターから搭乗ゲートまでのデザイン、システムを一新するほか、デジタル端末の活用によってヒューマンサービスを強化するといいます。

 JALの空港スタッフはモバイル端末を携行し、搭乗時の手続きについて場所を選ばずに案内します。設備面では、手荷物タグを発行する新型自動チェックイン機と、自動手荷物預け機を設置し、手荷物の預かりをスムーズにします。また搭乗ゲートの機器は、QRコードやICの読み取り精度向上や、高度な人間検知技術を活用できる新型のものを導入します。

 また、リニューアルに伴い、JALグローバルクラブ(JGC)会員の専用カウンターを個室化し、保安検査場一体型のチェックインカウンターに刷新します。

 リニューアルはエリアごとに段階的に行われ、2020年夏に全面オープンする予定です。また、国内基幹空港の新千歳、伊丹、福岡、那覇にも2021年をめどに展開していきます。

【了】

【画像】スマートに機内まで!リニューアル後のイメージ

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント