国内線も上着脱衣、「くるぶし覆う」靴も全検査へ 飛行機搭乗前の保安検査強化

国土交通省航空局が、空港で搭乗前の上着や靴の検査、爆発物検査を強化します。爆発物検査では、検査紙を用いた検査を新導入。東京五輪や、ラグビーW杯へ向けたものだとしています。

くるぶしを覆う靴はすべてX線検査

 国土交通省航空局は2019年9月6日(金)、全国の空港で13日(金)から、搭乗前の上着や靴の検査、爆発物検査などを強化すると発表しました。

Large 190906 hoan 01

拡大画像

成田空港の第2ターミナル(2019年5月、伊藤真悟撮影)。

 コート、ジャケットなど上着のX線検査は国際線に加え、国内線でも実施。靴のX線検査は国際線・国内線ともに、安全靴、厚底靴、ブーツ、くるぶしを覆う靴はすべて実施されます。

 また、凶器や爆発物検査を強化。無作為に検査員が体に触れて行う検査に加え、新たに検査紙で体に触れたりする検査も実施します。

 国土交通省は、ラグビーワールドカップの日本大会や東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向け「テロに強い空港」を目指すとしています。

 なお、ラグビーワールドカップ日本大会の開催期間にあたる9月13日から11月5日(火)まで、飛行機客室内へのドローン(小型無人機)持ち込みが禁止。搭乗前に預け手荷物として航空会社のカウンターで預けます。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

コメント