東海道・山陽新幹線「のぞみ」指定席と自由席、どっちを使う? それぞれにメリットが

東海道・山陽新幹線「のぞみ」の普通車は要予約の「指定席」と予約不要の「自由席」があります。設備は共通で価格差も使い方によっては縮まりましたが、それ以外にも選択のポイントがあります。それぞれのメリットをまとめました。

確実に席を確保するなら指定席だが…

 東海道・山陽新幹線で運転されている最速の列車「のぞみ」は16両編成。このうち8号車から10号車の3両がグリーン車で、残り13両が普通車です。

Large 190925 nozomiresearve 11
東海道・山陽新幹線「のぞみ」はグリーン車が指定席。普通車は自由席と指定席がある(画像:写真AC)。

 グリーン車はすべて指定席ですが、普通車は1号車から3号車が自由席で、それ以外は指定席。指定席は乗車券に加えて指定席特急券を買って、事前に席を予約しなければなりません。自由席は乗車券のほか、座席を指定しない自由席特急券が必要です。

 指定席は利用する席をあらかじめ確保することになるため、列車の出発直前に乗り込んでも確実に座れます。座るために駅のホームに長い時間、並ぶ必要もありません。また、指定席特急券を買う際、特定の座席を選んで予約することも可能です。

 外の景色を見たいなら窓側の席を予約できますし、特に急いでいる場合は、下車駅で改札口に一番近い車両のドア付近の席を予約し、列車が到着してから駅の外に出るまでの時間を短縮するといったこともできます。

「のぞみ」の車両にはコンセントが設置されていますが(臨時列車を除く)、普通車でコンセントを使えるのは窓側と最前列、最後列の席のみ。スマートフォンなどを充電しようと思ったとき、自由席ならコンセントを使える席が埋まっていて充電できないこともありますが、指定席ならコンセントを使える席を予約しておけば、その心配はありません。ちなみに、2020年にデビューする新型車両「N700S」は、指定席と自由席ともに、すべての席にコンセントが設置されます。

 ただ、ほかの人が目当ての席を先に予約していれば、その席を利用することはできません。特に混雑する時期は早めに購入する必要があります。

テーマ特集「【新幹線特集】最新の新幹線事情から運賃・料金、ネット予約、快適移動の乗車術まで徹底紹介」へ

【写真】全席設置! 新型「N700S」車内のコンセント

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190925 nozomiresearve 31
  • Thumbnail 190925 nozomiresearve 11
  • Thumbnail 190925 nozomiresearve 21

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. >「のぞみ」普通車の指定席と自由席は、設備の面ではほぼ同じですが、所定の運賃と料金が異なります。

    料金はともかく、運賃まで変わってしまうのですか?

  2. 何でこんな記事書いちゃったんだろうという感じ。