世界初、自動運航の実証実験に成功 自動車専用船にプログラム搭載、他船と衝突回避

大型の自動車専用船で実験!

Large 191001 yusenjiritsu 01
日本郵船が運航する大型自動車専用船「イーリス・リーダー」(画像:日本郵船)。

 日本郵船は2019年9月30日(月)、「有人自律運航船」の実現に向けた自動運航技術の世界初の実証実験に成功したと発表しました。

 この実験は、総トン数7万0826トンの大型自動車専用船「イーリス・リーダー(IRIS LEADER)」を使用。他船と衝突を避ける避航操船のプログラムを搭載し、9月に新沙(中国)から名古屋港まで、また、名古屋港から横浜港までの試験区間(湾内を除く日本沿岸海域)で、通常の乗組員による当直体制を維持したまま、昼夜を問わず断続的にプログラムを用いて航行しました。

 プログラムには、操船経験が豊富な船長や航海士の経験値や感覚値も組み込まれています。航行中、航海計器からのデータをもとに周囲の状況を把握し、衝突リスクを計算して最適な避航針路を決定し、自動で操船するまでの一連の動作を実海域で行いました。

 結果、陸上のシミュレーターでの実験だけでは得られない様々なデータを取得し、同プログラムが安全性、効率性の高い運航に寄与できることや、実用化の可能性が確認でき、日本郵船が目指す有人自律運航船の実現に向けた大きな一歩になったといいます。

 日本郵船は今後、データ分析を進め、プログラムが導き出す最適な進路と、人間が下す判断との差異を調整するなど、さらに高度な操船支援技術へと改良を重ねるとしています。

【了】

【地図】自動運航の実証実験を行った航路

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191001 yusenjiritsu 02
  • Thumbnail 191001 yusenjiritsu 01

最新記事

コメント