JAL、成田空港国際線に自動手荷物預け機を導入 2020年春には顔認証手続きも JAL国内空港初

JALの成田空港国際線で、同社国内初という自動手荷物預け機を導入します。顔認証で、搭乗券やパスポートを提示せず、搭乗手続きできる設備も導入の計画です。同空港の新ラウンジもリニューアルを完了しています。

自動手荷物預け機は10月28日から開始

 JAL(日本航空)が2019年10月21日(月)、成田空港の国際線で、自動手荷物預け機のサービスを10月28日(月)から開始するほか、顔認証技術を用いた搭乗手続きを導入すると発表しました。

Large 191021 nrt 01
成田空港に設置されるJAL自動手荷物預け機のイメージ(画像:JAL)。

 2019年8月から成田空港に導入されている、セルフ式搭乗スタイル「スマートチェックイン」を用いて、JALでは国内空港初という自動手荷物預け機のサービスを順次開始。すでに稼働中の自動チェックイン機とあわせて、スムーズな手荷物預けができるといいます。

 自動手荷物預け機の開始日は、第二ターミナル南にある「O(オー)カウンター」の7台が10月28日(月)から。同ターミナルの「Mカウンター」の7台も、2020年4月に稼働する計画です。

 また2020年春より、成田空港に導入予定の「OneID」を用いた、顔認証技術での搭乗手続きも開始予定。チェックイン時など、空港内で最初に手続きを行うときに「顔情報」を登録することで、搭乗券やパスポートを提示することなく通過できるとのことです(出国検査時を除く)。

 2019年4月から順次行われていた、成田空港JALラウンジサービスのリニューアルも完了。刷新されたラウンジは「モダンジャパニーズ」がコンセプトで、出発までくつろげるといいます。

【了】

【図・写真】顔認証での搭乗手続き&リニューアルされたラウンジ

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191021 nrt 02
  • Thumbnail 191021 nrt 03
  • Thumbnail 191021 nrt 04
  • Thumbnail 191021 nrt 05
  • Thumbnail 191021 nrt 06
  • Thumbnail 191021 nrt 01

最新記事

コメント