新「ご当地ナンバー」5月交付開始 「江東」「飛鳥」など17地域 申込み4月から

東京は3地域、千葉は4地域が追加です。

Large 200310 gotochi 01
「江東」の図柄入りナンバープレートイメージ(画像:国土交通省)。

 国土交通省は2020年3月10日(火)、自動車ナンバープレートの新たな地域名表示、いわゆる「ご当地ナンバー」として加わる17地域のナンバー、およびそれらの「地方版図柄入りナンバープレート」について、5月11日(月)から交付を開始すると発表しました。

 新たに導入される17の地域名表示は、知床、苫小牧、弘前、白河、松戸、市川、船橋、市原、江東、葛飾、板橋、上越、伊勢志摩、四日市、飛鳥、出雲、高松です。4月13日(月)から、インターネットなどでの事前申し込みが始まります。交付にかかる料金は、4月上旬をめどに別途発表されるとのことです。

 なお、それぞれの図柄入りナンバープレートにはフルカラー版とモノクロ版があり、フルカラーを希望する場合は、交付にかかる料金のほか申し込み時に別途、1000円以上の寄付金が必要です。寄付金は導入地域における交通改善、観光振興などに資する取組みに活用されます。

【了】

【ギャラリー】新「ご当地ナンバー」17地域の図柄入りナンバープレート

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 浦和ナンバーも出来てほしい……………