JR九州 新幹線・特急の一部臨時列車運休へ 新型コロナ影響で3月は鉄道収入半減

新型コロナウイルス感染拡大の影響で利用の減少が予想されることから、JR九州が春休み期間中の九州新幹線「さくら」や在来線特急の一部の臨時列車を運休。運転区間の短縮や減車も行われる予定です。

「かもめ」「みどり」の一部は減車

 JR九州は2020年3月13日(金)、新型コロナウイルス感染拡大の影響を踏まえ、九州新幹線や在来線特急の一部列車を運休・減車すると発表しました。

Large 200313 jrqdia 01
特急「かもめ」などに使われるJR九州の885系電車(2012年2月、恵 知仁撮影)。

 期間は、春休み期間の3月20日(金)から4月5日(日)までです。1日あたり最大23本(3月29日)、計190本の運休が予定されています。

 対象となる列車は、期間中に運転予定だった九州新幹線「さくら」(博多~鹿児島中央)、特急「かもめ」、特急「にちりん」の一部の臨時列車です。特急「ハウステンボス」は期間中の毎日、すべての臨時列車が運休します。

 土休日に中津~博多間を運転する特急「きらめき93号」は、始発駅が中津から小倉に変更されます。

 また、特急「かもめ」「みどり」は期間中、一部列車が8両から6両に減ります。特急「ゆふ」は全列車が4両から3両に変更されます(一部は16日から実施)。

 JR九州によると今回発表の期間や内容以外でも、利用状況や社会情勢を勘案し列車の運休などを検討していくということです。

【表】運休する九州新幹線の臨時「さくら」

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント