JALグループ新規中長距離LCC「ZIPAIR」 5月のデビュー延期に 新型コロナの影響をうけ

5月14日、成田~バンコク線でデビュー予定でしたが…。

新型コロナによる需要減退の影響で

 JAL(日本航空)グループが展開する新たな国際線中長距離LCC(格安航空会社)、「ジップエア(ZIPAIR Tokyo)」が、2020年5月に予定されていた定期便開設を延期すると、2020年4月9日(木)に発表しました。

Large 200409 zp 01 1
ジップエアのボーイング787-8型機(2019年12月、乗りものニュース編集部撮影)。

 当初ジップエアは5月14日(木)に成田~バンコク(スワンナプーム)線でデビューを計画していましたが、新型コロナウィルスによる航空需要減退の影響をうけ、予定通りの開設を断念。新たな就航時期は、確定次第公表するとのことです。

 ジップエアは、JALグループが100%出資する完全子会社で、同社の国際線成長計画の目玉のひとつ。将来的には北米路線も視野に入れて、新路線の開設を目指す方針です。2020年4月現在、先述の成田~バンコク線についで、7月1日(水)に成田~ソウル(仁川)線の開設がすでに発表されています。

 同社は2020年4月現在、2機のボーイング787-8型機を保有しており、成田空港、中部空港、関西空港を中心に訓練飛行を行っています。機内は290席を配し、上位クラスの「ジップ フルフラット(ZIP FULL-flat)」18席、普通席のスタンダードシート272席の2クラス制で、全席にUSBポートと電源コンセントが設置されています。

【了】

【写真】LCCでもフルフラットシートを持つジップエアの機内

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント