JR札沼線の北海道医療大学~新十津川間 4月24日に最終運行繰り上げ 新型コロナ影響

ゴールデンウィークを待たずにお別れです。

Large 200415 jrhsassyousen 01

拡大画像

新十津川発、石狩当別行きの始発兼最終列車(柘植優介撮影)。

 JR北海道は2020年4月15日(水)、札沼線の北海道医療大学~新十津川間について、定期列車の最終運行日を当初予定していた5月6日(水・休)から4月24日(金)に繰り上げると発表しました。

 3日(金)の時点では、廃止前に多くの人の利用が想定されることから、新型コロナウイルスの感染防止を目的に、5月2日(土)から6日(水・休)まで廃止区間を含む石狩当別~新十津川間の全列車を全車指定席で運転する予定でした。

 しかし新型コロナウイルスの感染拡大とそれに伴う緊急事態宣言により、JR北海道は「対象地域からの来場の自粛をお願いせざるを得ない事態となり、予定していたイベント、行事等の縮小に加え、大変残念ではありますが、札沼線の運行をゴールデンウィーク前に休止させていただく」ことにしたといいます。

 定期列車の最終運行は4月24日(金)です。新十津川発着の列車は、14日(火)から17日(金)までは2両編成、18日(土)から24日(金)までは4両編成にするなど、車両が増結されます。なお、不測の事態により最終運行を繰り上げる場合があるとしています。

 4月27日(月)には、沿線4町の住民のみを対象とした「ラストラン運行」が行われる予定です。JR北海道は、緊急事態宣言で対象地域に外出自粛要請が出ていることを踏まえ、沿線4町外からの乗車や沿線での写真撮影などをできる限り控えるよう呼び掛けています。「ラストラン運行」についても沿線住民を対象としていることから、町外からの来訪は控えてほしいとしています。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント